設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第8回・データからみた組み込みソフトウエア開発の実態

高野昌也= iTiDコンサルティング 
2011/09/27 09:00
印刷用ページ

今やソフトウエアがない製品は無いといってよいほど製品に組み込まれるようになってきているが、ソフトウエアの開発規模の増大や複雑化によって、その品質や開発・管理コスト増大が問題になってきてもいる。今回、開発力調査に参加した組み込みソフト技術者のデータを分析し、組込みソフトウエア開発の実態を探る。

2007年と2010年の比較

 2007年と2010年の調査の両方に参加した企業を抽出し、比較を行った。(図1参照) わずか3年で劇的な変化は見られないが、少し推測を加えると開発現場の状況が見えてくる。

 昨今の景気動向から製品の市場成長力は鈍化し、韓国・中国も含めて激しい競争下にあり市場シェアを奪われる状況になってきている。競争に負けないように技術難易度の高い開発にチャレンジし、機能とコスト目標を達成しプロジェクトは一見成功している。しかし、コスト目標達成のためにリソースは逼迫し、開発はより遅れるようになった。品質重視からコスト重視へ傾きつつある。

図1 ソフト技術者について2007年と2010年の比較
図1 ソフト技術者について2007年と2010年の比較

 この推測の通り、品質達成度の低下が続くようであれば、不具合対応にリソースが割かれ、市場競争力は落ち必要なコストを開発に掛けられず、機能未達成や更なる品質低下へと悪循環にはまっていく。今は大丈夫でも慢心せずに機会を捉えて改革・改善していくことが肝要である。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング