• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり多視済済 > 「抱き包まれる心地」の支え方

多視済済

「抱き包まれる心地」の支え方

  • 2011/08/17 00:00
  • 1/2ページ
「抱き包まれる心地」の支え方

 写真は,OKIが技術研究を目的に試作したロボットの脚。人間の脚をシミュレートしたもので,1脚ながら,ジャンプして着地できる。動きの制御は,脚として自律的に動く仕組みを実現するもので,加速度や姿勢をセンサで検出して倒れないようにするといった,実際の脚にない制御は実行していない。

 さて,この脚がある製品に応用され,「抱き包まれる心地」を実現した。その心地の実現の仕方として正しいのは,上の三つの選択肢のうち,どれだろうか。

【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ