• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

炭素繊維を刺しゅうする

2011/08/04 00:00
1/2ページ
出典:日経ものづくり、2009年4月号 、pp.17-19 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
炭素繊維を刺しゅうする

  カラフルな糸を使って衣類などを装飾する刺しゅう技術。写真の右上と左下にある黒い模様も,この刺しゅう技術を使って作製したものだ。ただしこれは,装飾を目的としたものではない。黒色の糸の正体は炭素繊維で, CFRP(炭素繊維強化樹脂)を成形する方法の一つであるRTM法のプリフォーム(中間基材)として使う

  軽量化を目的に,自動車や航空機の部品などでの採用が広がっているCFRPだが,低コストかつ短時間で成形する方法の試行錯誤は続いている。写真のプリフォームを作製する技術も,そのニーズに応えるために開発されたものだ。

  さて,刺しゅう技術を応用することで低コスト化できるのはなぜか?

 RTM法ではプリフォームを型内に設置し,エポキシ樹脂などの熱硬化性樹脂を含浸させてから反応硬化させる。

印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング