設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

常識は覆される

2011/08/03 00:00
出典:日経ものづくり、2009年3月号 、pp.17-19 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
常識は覆される

  右に盛られた茶色い物質は「リグニン」と呼ばれる。木質のおおよそ3割を占め,セルロース,ヘミセルロースと並ぶ,木の主要成分の一つだ。仮に,木を鉄筋コンクリートの建物に例えれば,セルロースとヘミセルロースが鉄筋,リグニンがコンクリートの役割を果たす。そんなリグニンを出発原料に,森林総合研究所,東京農工大学,長岡技術科学大学の3者は共同で,飛び抜けた性能を持つ機能性材料の開発に成功した。

  実は,リグニンは,巨大で複雑な分子構造を持ち,極めて分解しにくい物質とされる。そのため,パルプの原料や甘味料,医薬品などさまざまな用途に利用されているセルロースやヘミセルロースと異なり,直接燃焼や炭化以外にバイオマス原料として利用するのは難しいと考えられてきた。上述の開発成果は,こうした従来の常識を打ち破るものだ。

  一体,3者が開発した機能性材料とは何か。そして,リグニンを利用するメリットとは何か。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング