技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第2回・開発力を見える化する

佐藤 晃= iTiDコンサルティング
2011/07/12 00:00
印刷用ページ

 ゴルフのスコアが伸びない時に、打ち方が悪いのか、それとも本番に弱い精神力が問題なのかよく分からず、最終的にクラブセットを新調してはみたものの一向にうまくならない。そんな経験をした、もしくはそんな人を見かけたことはないだろうか。なぜそうなるのかは明確で、結果を招いているプロセスの特定が不十分だからだ。ゴルフボールをただ打つだけでも、クラブの握り方、方向の決め方、構え方、振り方などなど数多くのプロセスが存在する。この一つひとつのプロセスと結果を突き合わせて、何が悪さをしているのかを突き止める必要がある。

図1
図1

 製品開発でも同じことが言える。製品開発には、開発遅延、仕様未達、出荷後の不良、コスト超過など多くの問題がつきものだ。そして、それらの問題のほとんどが製品開発プロセスに起因している事はよく知られている。しかし、製品開発プロセスのどこがどれくらい悪いために問題を引き起こしているのか? となると、あいまいな事が多いのではないだろうか。

 QC活動などで有名なデミング博士が「測れないものは改善されない」という言葉を残したように、製品開発プロセスも測定する必要がある。それを可能にしたのが開発力調査だ。

 前回は、2010年度の開発力調査の結果をみる限り日本の製造業はまだまだ頑張っている様子がうかがえるということを話した。2回目の今回はあらためて開発力調査がいかなるものかを説明する。

測れないものは改善されない

図2
図2

 まず、最初に開発力とは何かを明確にしたい。開発力の定義にはいろいろあるが、ここでは「開発力とは単なる固有技術ではなく、開発のプロセス、技術者のマインド、組織体制、ITシステムなどを含む製品開発に関する総合的な能力のこと」と定義する。

 我々はその中の、固有技術を作り上げる上でも、またインフラ・システムを使用する上でも重要となる「プロセス」と「人」に着目し、それらを定量的に評価する指標を開発した。開発プロセスを測る指標をiTiD INDEX、技術者のマインドを測る指標を技術者力INDEXと呼んでいる。それぞれの指標は質問形式で記述されていて、各企業の調査対象者が回答することで開発力調査を行っている。自己申告によるアンケート調査ということもあり、信憑性に疑問を抱く人がいるかもしれないが、質問内容を具体的にし、そしてなるべく多くのデータを集めるなどして信頼性を上げる工夫をしている。論より証拠、過去10年間の調査で、アンケートの分析結果と実際が大きく乖離していたことは全くと言っていいほどない。

製品開発のあるべき姿

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング