• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

36時間の語学学習より90分の異文化セミナーへ

吉村 章=TCA 東京事務所駐日代表
2011/05/20 08:00
1/1ページ

 アジアでのビジネスに携わるみなさんにひとことアドバイス。ビジネスをうまく進めていくためにもっと「異文化理解」に注目していただきたい。コミュニケーション・スキルや現場での実践テクニックを学ぶためには、それぞれの地域事情やビジネス習慣を理解しておきたい。ビジネスマンの考え方や価値観も地域によってだいぶ違うはずだ。

 さて、私の専門は中国。好むと好まざるに関わらず彼らとはうまくつきあっていかなければならない。アジアでのビジネスで中国は避けて通ることのできない隣人である。中国ビジネスでは知ってさえいれば避けることができたコミュニケーション・ギャップがある。知らなかったためについ犯してしまうミスを避けることができるのだ。

 たとえば、中国人に「時計」を贈ってはいけない、中国の食事会では「割り勘」はしない、「乾杯」は杯のお酒を飲み乾さないとホストにたいへん失礼、逆に出された料理を残すことがマナーといった内容。中国ビジネスに携わる方であれば知っておきたい基本中の基本である。

 契約を守らない中国人がどうして多いのか、同僚が残業しているとき中国人はどうして手伝おうとしないのか、中国人はどうして会社に対する忠誠心が低いのか、食事をご馳走してあげた翌日にどうしてお礼をいわないのかなどといった点を理解するには、日本人とは違った考え方や価値観を知っておく必要がある(詳しくは著書「中国人とうまくつきあう実践テクニック」/総合法令出版を参照)。

 こうしたポイントは、彼らとビジネスを進めていく上でぜひ知っておきたい点だ。異文化理解を深めることはビジネスに必ず役立つ。中国人の考え方や価値観の背景理解はビジネスを進める上でも必ず理解しておくべきポイントである。

 最近、中国語研修を導入する企業が増えている。「中国語を学びたいが教科書を推薦してほしい」という依頼が今春は特に多かった。簡単なアドバイスをした企業も入れると十数件になる。個人的にも「どんな教科書がいいでしょうか」とか、「中国語を学ぶときの注意点を教えてください」という質問もよく受ける。私は中国語教師ではないが、自分が中国語を学んだ経験から日本人がつまずきやすいポイントを話すことがある。自らの経験に基づいた注意ポイントなので、語学教師より説得力があるようだ。

 より積極的に中国ビジネスに取り組む企業が増えていく中で、中国語を学ぶことも大切なことであるが、「語学よりまず『異文化理解』に目を向けるべき」というのが筆者の持論。むしろ、「異文化理解」を優先させて進めるべきであると思う。

 語学の習得には時間がかかる。ビジネスの現場で中国語を使いこなせるように一定の学習時間が必要だろう。しかし、異文化理解は知っておくだけで、すぐに役に立つ内容やコミュニケーション・ギャップを避けることができる内容がたくさんにある。みなさん自身の「中国力」を高めるには、中国語学習にコツコツ取り組むよりも「異文化講座」を一日受講いただくほうが遥かに効果的。36時間の語学研修より8時間の異文化講座で中国ビジネススキルを学んだほうが、はるかに「中国力」を高められる。

 中国語(語学)を学んでも意味がないというつもりはまったくない。語学学習にもぜひ取り組んでいただきたいし、現地でコミュニケーションをするためには言葉を学ぶことはぜひお勧めしたいことだ。片言でも現地の言葉で会話ができることは大切なスキルになる。

 繰り返し言いたいのは、語学学習と同時に異文化理解を進めることにも眼を向けて欲しいということである。語学習得の道は長くて地道な努力が必要。一方、異文化理解は90分の講座を受講したり、8時間で一冊の本を読んだり、短時間で即効性が高い実践的な内容を習得できる。ぜひ、みなさんにお勧めしたい。

【技術者塾】(2/18開催)
めっきの基礎から最新活用法まで

~製品の性能向上に欠かせないめっきを知ろう!~


電子デバイスにおける微細配線や三次元実装、はたまたバイオやMEMSの微細加工といったさまざまな分野に、めっきの技術が生かされています。あらゆる分野の技術者が知っておきたい、めっきの基礎と最新の活用法について解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年2月18日(木)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング