• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデータから読み解くデバイス新潮流 南川レポート > 震災後の復興のために,日本半導体産業の一部をブラジルへ

データから読み解くデバイス新潮流 南川レポート

震災後の復興のために,日本半導体産業の一部をブラジルへ

  • 南川 明=アイサプライ・ジャパン
  • 2011/03/28 18:33
  • 1/1ページ
 今回の大震災の影響は予想以上に広がっている。既に,国内自動車業界のエンジン生産数は2010年3月25日までに45万基の減産となったようだ。世界の総自動車生産台数である7500万台からするとまだ小さいように見えるが,これはまだ2週間の数字である。一方,国内の半導体業界への影響は2011年の生産金額が約20%減となる可能性が出てきた。今後どれほど影響が広がるかはまだ不確定要素が多過ぎる。このような状況のなか,今後は半導体産業を復興させるための様々な戦略が立案されるだろう。その中の一つとして,私は日本の半導体産業の一部をブラジルへ移設することを提案したい。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ