設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第6回・日本人は後出しじゃんけんが得意?

津田 真吾=iTiDコンサルティング ディレクター
2011/02/14 00:00
印刷用ページ

 “プラットフォーム”という言葉はいろんな場面で使われています。

 自動車などの工業製品では、コストダウンの手法として活用されていることを、既にご紹介してきました。また、WindowsやJAVAなどのソフトウエアもさまざまなアプリケーションが実装される土台として“プラットフォーム”と呼ばれています。FacebookやYoutube、そしてiPhoneもプラットフォーム型のビジネスモデルとしてもてはやされています。

 iPhoneは一見すると、メモリ容量以外は色ですら統一された商品に見えますが、ユーザーの好みに合わせるべき機能やアプリケーションを一つひとつカスタマイズできるようすることで、プラットフォーム化の条件を満たしています。サードパーティのアクセサリーも加えると、皆さんの手元にあるiPhoneはどれ一つとっても同じものがない状態になっているのではないでしょうか。つまり、Appleはユーザーとサードパーティの力を借りて、無数のラインナップを用意していると見なせます。

 では、どのような製品をプラットフォーム化するべきなのでしょうか?

 大量生産によるコスト削減と、多品種生産による顧客志向の二律背反を解決するアプローチがプラットフォーム化です。経済用語で説明すると「規模の経済」と「範囲の経済」の両立といえます。そのため、一般にはどのような商品や製品にも有効です。しかし、さらに踏み込んで考えると、特にプラットフォーム化が有効な商品や製品があるのも事実です。特に効果があるのは、

・大量生産するための設備が整っている商品・製品
・多機能で用途の広がりがある商品・製品

 大量生産の設備が整っているものは、コストダウンの効果が大きくなります。効率の良いオペレーションを最大限に活かすことになります。また、多機能な商品では、実際に利用されない機能を持っている可能性や用途による組み合わせが重要性を持つため効果的です。

 自動車はいずれの条件も満たしています。携帯電話や他の電子機器も同様です。船に関しては、あまり生産設備が集約されていない大型船よりはレジャーボートで効果を発揮します。産業機械においては、特注品が多い大型の機械よりも、小型の成形機やロボットなどで効果的です(個別にどこから適用したらよいか、という疑問については3月4日に開催する「ロバストプラットフォーム」セミナーでも解説する予定です)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング