• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポート御堀直嗣のテクニカル・インプレッション > 【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】日産自動車・セレナ:成熟したプラットフォーム、滑らかなエンジン再始動

御堀直嗣のテクニカル・インプレッション

【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】日産自動車・セレナ:成熟したプラットフォーム、滑らかなエンジン再始動

  • 鶴原 吉郎=日経Automotive Technology
  • 2011/02/01 12:24
  • 1/1ページ
 日産自動車の5ナンバーミニバンであるセレナが、4代目に全面改良した。ただし、プラットフォームは前型を踏襲している。だが、プラットフォームの継承は、必ずしも悪いことではないというのが、私の考えだ。そのプラットフォームを使いこなし、より成熟させれば、消費者にとって魅力的な新車へ育て上げることができる。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓