• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポート御堀直嗣のテクニカル・インプレッション > 【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】ホンダ・フィットハイブリッド:向上した静粛性と重厚さを増した乗り心地

御堀直嗣のテクニカル・インプレッション

【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】ホンダ・フィットハイブリッド:向上した静粛性と重厚さを増した乗り心地

  • 御堀直嗣=モータージャーナリスト
  • 2010/12/09 17:58
  • 1/1ページ
 2007年に全面変更を受け2代目となったホンダ「フィット」が2010年10月に部分改良され、「フィットハイブリッド」が新たに追加された。フィットハイブリッドのパワートレーンは、2009年2月に発売した2代目「インサイト」の「IMA(Intelligent Motor Assist)」を踏襲する。ところが開発者の弁によれば、ただフィットの車体に搭載しただけでは、空力抵抗の増加などによって、インサイトよりも1km/L燃費が悪化してしまったという。
クラウド、ビッグデータ、人工知能がクルマの進化を促すの告知サイト

おすすめ