• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくり復活の会計術 > 『なぜなぜ分析』と原価管理 ~予算の本質を考える(その1)

ものづくり復活の会計術

『なぜなぜ分析』と原価管理 ~予算の本質を考える(その1)

  • 北山 一真=経営コンサルタント
  • 2010/11/19 00:00
  • 1/3ページ

 『精度の良い予算とは何ですか?』
 『予算策定のポイントは何ですか?』

 最近、筆者の元にこの手の問いが多く寄せられる。今回から数回に渡り『予算の本質』について考えていきたい。長年予算策定の現場を見てきたが、予算を作るのは本当に難しい。なぜ難しいか?

 「やってみないとわからない。」

 難しさは、この一言につきる。結果として発生した原価を算出するのは、(手間を除けば)簡単である。起こったことをしっかり記録すれば良いからだ。これが、予算ともなると話が違う。予算は、コトを起こす前やモノを作る前に、お金を想定し目標を決めるわけである。結果の記録ではなく、想定するというところに難しさがあるのだ。

図1:製品情報は時間をかけて成熟されていく
[画像のクリックで拡大表示]

 予算作成は、図1の機種開発のバリューチェーンでいうと、製品企画段階や受注可否判断などの最上流の部分となる。製品企画段階や受注可否判断などでは製品情報は曖昧であり、どんな製品構造になるか? どんな部品構成になるか? どんな設備を使って加工するか? などほとんど決まっていない。よく分からない状況の中で、今回開発する製品はどのくらいのお金がかかりそうか?どの程度にお金を抑えるべきなのか?など、到底わかりようもない。だから、予算を策定するフェーズにおいて、

 「設計を進めるうちに、どうせ状況は変わるよね」
 「まぁ、やってみないとわからないなぁ」
 「あまり時間をかけて検討しても無駄になるだけだしな・・・」
 「どうせ100点の予算などないんだから、あれこれ考えるより取り敢えず前に進めよう」

 といった、文化が根づいてしまっているのだ。予算は作成しているが、予算を検討していない。トップの承認を通すためだけの、とりあえず予算となっていないだろうか。是非、一度企業の予算策定・検討のプロセスを見返してもらいたい。

『問題解決』 から 『問題回避』 の思考へ

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓