設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

『なぜなぜ分析』と原価管理 ~予算の本質を考える(その1)

北山 一真=経営コンサルタント
2010/11/19 00:00
印刷用ページ

 『精度の良い予算とは何ですか?』
 『予算策定のポイントは何ですか?』

 最近、筆者の元にこの手の問いが多く寄せられる。今回から数回に渡り『予算の本質』について考えていきたい。長年予算策定の現場を見てきたが、予算を作るのは本当に難しい。なぜ難しいか?

 「やってみないとわからない。」

 難しさは、この一言につきる。結果として発生した原価を算出するのは、(手間を除けば)簡単である。起こったことをしっかり記録すれば良いからだ。これが、予算ともなると話が違う。予算は、コトを起こす前やモノを作る前に、お金を想定し目標を決めるわけである。結果の記録ではなく、想定するというところに難しさがあるのだ。

図1:製品情報は時間をかけて成熟されていく
[画像のクリックで拡大表示]

 予算作成は、図1の機種開発のバリューチェーンでいうと、製品企画段階や受注可否判断などの最上流の部分となる。製品企画段階や受注可否判断などでは製品情報は曖昧であり、どんな製品構造になるか? どんな部品構成になるか? どんな設備を使って加工するか? などほとんど決まっていない。よく分からない状況の中で、今回開発する製品はどのくらいのお金がかかりそうか?どの程度にお金を抑えるべきなのか?など、到底わかりようもない。だから、予算を策定するフェーズにおいて、

 「設計を進めるうちに、どうせ状況は変わるよね」
 「まぁ、やってみないとわからないなぁ」
 「あまり時間をかけて検討しても無駄になるだけだしな・・・」
 「どうせ100点の予算などないんだから、あれこれ考えるより取り敢えず前に進めよう」

 といった、文化が根づいてしまっているのだ。予算は作成しているが、予算を検討していない。トップの承認を通すためだけの、とりあえず予算となっていないだろうか。是非、一度企業の予算策定・検討のプロセスを見返してもらいたい。

『問題解決』 から 『問題回避』 の思考へ

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング