電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

デバイス技術を俯瞰する・Yoleレポート

2010/09/21 16:51
印刷用ページ
趣旨
フランスの調査会社Yole Developpement社が,MEMSや太陽電池,パワー半導体などデバイス技術のトレンドを解説します。
Jean-Christophe Eloy
仏Yole Developpement社の社長兼CEOであり設立者。 1991年から、MEMS市場の発展に関与しており、デバイス、装置、原料供給レベルでの分析に携わっている。また、欧州と北米のいくつかの団体の役員も務めている。
仏Yole Developpement社とは 1998年に設立された、市場調査と戦略コンサルティングを行う企業。シリコンや微細加工技術を使った新しいアプリケーション(応用例)を分析している。20人のフルタイムで働くアナリストが、MEMS、マイクロ流体工学、化合物半導体、電力工学、太陽光発電、高度なパッケージング、ナノマテリアルに関する動向を追っていて、世界中の企業や投資家が市場を理解し、技術トレンドを追う手助けをしている。

[提供するサービス]
●市場調査、市場データの提供
●技術分析
●市場に関するセミナーの開催
●戦略コンサルティング
●M&Aのサポート、資金調達、デュー・デリジェンス(適正評価)に関するレポートの発行
●市場・技術レポートのコレクションの提供
●プレイヤー(企業)と技術に関するデータベース、及び市場データの提供
●製造コストをシミュレーションするツールの提供
●リバース・エンジニアリングによるコスト分析

[掲載メディア]
●隔週刊行物:『Micronews』
●詳細な技術情報を扱う季刊誌:『MEMS Trends Magazine』、『3D Packaging Magazine』、『PV Manufacturing Magazine』、『Efficien’Si Magazine』
●ディスラプティブ技術に関するウェブサイト:http://www.i-micronews.com
●その他、視聴者限定型ウェブ配信、ライブでの市場説明会

記事一覧

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング