• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデータから読み解くデバイス新潮流 南川レポート > ピークを越えた電子部品の受注,今秋以降に対前年比マイナスの可能性も

データから読み解くデバイス新潮流 南川レポート

ピークを越えた電子部品の受注,今秋以降に対前年比マイナスの可能性も

  • 南川 明=アイサプライ・ジャパン
  • 2010/08/26 13:23
  • 1/1ページ
 世界的な景気減速懸念や株価低迷からエレクトロニクス消費にも陰りが出始めている。しかし,これをもって2番底になると予想するのは間違いだと考える。後進国の経済成長は依然として高いレベルを維持しており,企業の業績はリーマン・ショック前の水準にまで回復している。部品受注もピークを過ぎたとはいえ依然高水準である。株式市場では「ヒンデンブルグ・オーメン」注1)が確認され,株価が急落する可能性があるとの噂が出ているが,実態経済の話とはかけ離れており気にする必要はないだろう。
【技術者塾】(8/29開催)
技術とビジネスモデルの比較で描く、世界の半導体メーカー実力マップ

~欧米、アジア企業の実力値、日の丸半導体の強み・弱み、そして未来像を探る~


世界の半導体業界を技術の視点で俯瞰し、半導体メーカーの実力値を紹介します。その上で、日系半導体メーカーの強みの技術を示します。半導体関連企業が事業戦略を立てる上で欠かせない、半導体メーカーの技術力の将来展望を描きます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月29日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓