• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり技術がつなぐ中小企業リレー > 溶融亜鉛めっき釜の専業,厚鋼板の曲げ加工や手溶接に特徴〔平澤鉄構〕

技術がつなぐ中小企業リレー

溶融亜鉛めっき釜の専業,厚鋼板の曲げ加工や手溶接に特徴〔平澤鉄構〕

  • 森野 進=日本起業家新聞社
  • 2010/08/03 12:00
  • 1/1ページ
 平澤鉄構は,架線金物やボルト,ナットなどに溶融亜鉛めっきを施す際に使う専用釜を製造する。溶融亜鉛めっきとは,溶けた亜鉛を入れた釜にワークを浸し,表面に亜鉛の皮膜を形成させることで鋼材を腐食から守る加工。めっき業界では “ドブ漬け”と呼ぶこともある。同社では球形タンク向けに鋼板の曲げ加工なども行うが主力はあくまでも溶融亜鉛めっき用の釜造りである。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓