設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

溶融亜鉛めっき釜の専業,厚鋼板の曲げ加工や手溶接に特徴〔平澤鉄構〕

森野 進=日本起業家新聞社
2010/08/03 12:00
出典:日経ものづくり、2009年10月号 、pp.107-109 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
 平澤鉄構は,架線金物やボルト,ナットなどに溶融亜鉛めっきを施す際に使う専用釜を製造する。溶融亜鉛めっきとは,溶けた亜鉛を入れた釜にワークを浸し,表面に亜鉛の皮膜を形成させることで鋼材を腐食から守る加工。めっき業界では “ドブ漬け”と呼ぶこともある。同社では球形タンク向けに鋼板の曲げ加工なども行うが主力はあくまでも溶融亜鉛めっき用の釜造りである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング