• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり技術がつなぐ中小企業リレー > 溶融亜鉛めっき釜の専業,厚鋼板の曲げ加工や手溶接に特徴〔平澤鉄構〕

技術がつなぐ中小企業リレー

溶融亜鉛めっき釜の専業,厚鋼板の曲げ加工や手溶接に特徴〔平澤鉄構〕

  • 森野 進=日本起業家新聞社
  • 2010/08/03 12:00
  • 1/1ページ
 平澤鉄構は,架線金物やボルト,ナットなどに溶融亜鉛めっきを施す際に使う専用釜を製造する。溶融亜鉛めっきとは,溶けた亜鉛を入れた釜にワークを浸し,表面に亜鉛の皮膜を形成させることで鋼材を腐食から守る加工。めっき業界では “ドブ漬け”と呼ぶこともある。同社では球形タンク向けに鋼板の曲げ加工なども行うが主力はあくまでも溶融亜鉛めっき用の釜造りである。
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ