• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス半導体・太陽電池を斬る,和田木レポート > EUVリソグラフィとTSVへの注目度が上昇――SEMICON West報告

半導体・太陽電池を斬る,和田木レポート

EUVリソグラフィとTSVへの注目度が上昇――SEMICON West報告

  • 和田木 哲哉=野村證券 金融経済研究所
  • 2010/07/30 09:00
  • 1/1ページ
 「SEMICON West 2010」では,2012年から必要とされるであろう22nm以降の露光技術として,EUVリソグラフィに期待する声が高まっていた。EUVリソグラフィの技術的な課題としては,マスクのインフラの整備とマスク欠陥への対処,レジストの開発,光源の出力確保が挙げられている。これまでは,ダブル・パターニングに期待する声も高かったが,半導体製造コストの抑制,深い焦点深度による高いプロセス余裕度から,「量産はEUVリソグラフィで行うのがベスト・ケース」というのがほぼ一致した見解になりつつある。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓