技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「釜」第1話『朽ちゆく様を味わう』

文:国分樹生=ライター,仲森 智博=編集委員 撮影:藤森 武
2010/07/22 15:00
印刷用ページ

Flash版はこちらから:Flash Playerが必要です


茶の湯に使われる釜は、数百年にわたり作られ続けて来た。江戸初期から十六代続いて来た釜師、大西家の歴代の作品を並べていくと、茶の湯釜の歴史の分厚さと形状や鉄肌などのバリエーションの豊かさを端的に感じ取ることができるだろう。初代大西浄林作「笠釜(時雨釜)」(以下特に表記のない釜は大西清右衛門美術館蔵)。
茶の湯に使われる釜は、数百年にわたり作られ続けて来た。江戸初期から十六代続いて来た釜師、大西家の歴代の作品を並べていくと、茶の湯釜の歴史の分厚さと形状や鉄肌などのバリエーションの豊かさを端的に感じ取ることができるだろう。初代大西浄林作「笠釜(時雨釜)」(以下特に表記のない釜は大西清右衛門美術館蔵)。

 形あるもの必ず滅す、という言葉がある。どんなものでも逃れ得ないこの真理に、古来人々は人智をもってあらがってきた。例えば秦の始皇帝。自らの命が永遠に続くことを切望した帝は、東方に不老不死の薬があると進言した徐福に海を渡らせ、採取してくるよう命じる。しかし、大勢の部下を引き連れて日本に上陸した徐福は帰還することなく、そのまま日本に居着いてしまった。そんな彼の帰りを待ちわびたまま、始皇帝は齢51にして死去し、秦はほどなく崩壊を迎えるのである。

 不滅を願った絶対権力者が望みを託した島国には、もとより不老不死の薬などなかった。それどころか、そこに住む人々は後世、ものが滅していくことを必然として受け入れ、その様をいつくしむという世界でも稀な美意識を創出するのである。「侘び」「寂び」といった言葉で表現される、ものが時代を経て古びた様に美を見出す世界観である。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング