• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス半導体・太陽電池を斬る,和田木レポート > 構造改革の進展が見て取れる,セイコーエプソンの決算

半導体・太陽電池を斬る,和田木レポート

構造改革の進展が見て取れる,セイコーエプソンの決算

  • 和田木 哲哉=野村證券 金融経済研究所
  • 2010/05/07 17:16
  • 1/1ページ
 セイコーエプソンが4月30日に発表した2010年3月期(2009年4月~2010年3月)の業績は,売上高9853億円(前期比12.2%減収),営業利益182億円(前期は15億円の損失),当期純損失197億円(同1113億円の損失)となった。ほぼ同社の事前予想の「売上高9900億円,営業利益200億円,経常利益130億円,当期純損失210億円」の水準に着地した。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓