設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 
北山 一真=経営コンサルタント
2010/04/23 00:00
印刷用ページ

「利益ゼロ」

 前向きになりにくい言葉であるが、企業経営として重要な概念である。今回は、このキーワードを元に製造業復活のヒントを探ってみたい。

 1回目(会計が、『ものづくり力』を衰退させる!)から前回(『原価計算』の呪縛)まで、ある一貫したメッセージを送り続けてきた。“会計には、常識がない”ということである。気付いていたであろうか? 品質管理・納期管理においては当たり前の概念でも、何故か原価管理や会計の世界では、当たり前ではないのである。また、恐ろしいことに、多くの方が「当たり前の事が出来ていない」という認識すら持っていない。では、どのような“当たり前”が出来ていなかったか、今までの4回を簡単に振り返ってみよう。

 1回目では、期間での損益には何ら意味を持たず、製品のライフサイクルを通した損益の必要性を説いた。製造業は「もの」づくりなのだから、「もの」を軸とした会計をしよう。そんな当たり前すぎる事もできておらず、未だ期間損益(財務会計)の風習から脱却出来ていない。

 2回目では、製品本体だけの損益には何ら意味を持たず、サービス・オプション品を加えての損益の必要性を説いた。最近の収益の源泉は、サービスやオプション品に移行している。製品本体は多少赤字でも保守サービスや交換オプション販売にて儲けている企業が増えている。収益の源泉が変わっているのであれば、そこにもフォーカスを当てて損益管理しようというのは当たり前の発想である。しかし、未だ製品本体一辺倒の損益管理が横行している。

 3回目4回目では、配賦の嵐になった製品個別の損益には何ら意味を持たず、製品シリーズや系列にてマクロ的に損益管理(=どんぶり勘定)することの必要性を説いた。現在の収益構造として、全ての製品で黒字化する事は難しい。最初のベースモデルは赤字でも、派生モデルで儲けるなどの戦略を取る必要がある。そうなると「赤字だから、即撤退」という訳にもいかなくなる。従って、ある程度の括り(=製品シリーズや製品系列)での損益管理が必要となるのだが、そんな当たり前のこともできていない。会計や原価は、配賦! 配賦! と細かくすることには慣れているが、粒度を荒くして管理することに慣れていないのである。

 「もの」を軸とした損益、「サービス・オプション」を加えた損益、「製品系列」に括った損益。改めて見ると、こんな当たり前のことも表せてなかったのか!? と疑いたくなるはずである。そして、これらの三つの視点を用いて、『キャッシュの回収スピード』を評価する事が重要となるのである。企業においては、コストよりキャッシュの管理のが重要であり、キャッシュは額・率を追求する以上に、『回収スピード』が重要となるのである(図1)。

図1:当たり前が出来ていない会計
[画像のクリックで拡大表示]

新しい採算指標が企業収益を変える

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング