• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデータから読み解くデバイス新潮流 南川レポート > 2010年の半導体事業戦略:欧米メーカが製造回帰

データから読み解くデバイス新潮流 南川レポート

2010年の半導体事業戦略:欧米メーカが製造回帰

  • 南川 明=アイサプライ・ジャパン
  • 2010/04/26 00:00
  • 1/1ページ
 2009年の半導体業界はメモリ好調,ロジック不調だった。韓国Samsung Electronics Co., Ltd.や韓国Hynix Semiconductor Inc.,エルピーダメモリなどメモリ中心の半導体メーカは好調を維持し,市場成長率を大きく上回る成長を達成した。一方,ロジック中心の半導体メーカは一部を除いて厳しい結果となった(表1)。しかし,このような状況は,最近の市況の急回復で大きく変わってきた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓