技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「中国ビジネスをどうすりゃいいんだ?」を考えてみる

久保田達也=サイバー大学IT学部教授,イッツ代表,冒険家
2010/04/26 00:00
印刷用ページ

 この不況の中,見えない明日に向けて「どうすりゃいいんだ?」とだれもが悩んでいるのではないだろうか。それを考える第一弾として経済上なくてはならない存在となった中国とどう向き合えばいいのかを考えてみた。

 しかし,私にとっては中国とはいったいどういう国なのか雲をつかむような感じで,中国そのものを脳裏に描けないのだ。たとえば物を売ったり,買ったりしてみようとすると,誰が相手で,どんな生活をしていて,どんな価値観を持ち,何を求めているのか? といった商いの基本であるお客の顔が見えないのだ。分かっていることといえば人口13億人の国で近くて遠い国だというくらいなものなのだ。

 13億と言ってもピンとこないので,日本が13個ある国と考えてみたり,ヨーロッパの人口(約5億8000万人)とアメリカの人口(約3億7000万人)を合体したより多い,と想像してみたりしたのだがやっぱりピンとこない。とにかく想像を超えた巨大国家だということはなんとなく分かるだけだ。

東洋証券・熊谷会長にインタビュー

熊谷会長
東洋証券の熊谷征男会長

 そこでまず,中国とは何? これから何をしようとしている? 日本企業はどうしている? を知ろうと,中国に詳しい東洋証券の熊谷征男会長に,中国の現状と胡錦濤国家主席が率いる国家ビジョンをわかりやすく解説していただいた。その内容の中核をなす言葉として「中」という漢字で表してみた。それは

(1)中間層の消費活性化
(2)内陸都市の活性化
(3)内需拡大を計り世界の工場という輸出国から消費国への進展

――という「三つの中」である(後ろの二つに関しては,「内」を「中」と捉えた)。中国ニュースを「3中」でよみとくと,中国が何を目指してそうしているのか,どう向き合っていけばいいのかが分かるようになってきた。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング