技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「匠の技」は、永遠か

創造力の未来像

内山 幸樹=ホットリンク 代表取締役社長
2010/03/29 00:00
印刷用ページ

 前回のコラムでは、話題の「フリービジネス」について考えてみた(前回の記事「“無料より高いものはない”、のか?」はこちら)。IT(情報技術)ビジネスの本質は、(1)デジタル情報はコピーしても原価がかからない、(2)ソフトウエアが自動で売り上げを稼いでくれる、という2点にあり、この特徴が利用料などを無料にするフリービジネスを収益性の高い新しいステージに高めたという話である。

 今回は、このITビジネスの本質をもう少し掘り下げてみたい。「複製に原価がかからない」「コンピュータが自動で売り上げを稼ぐ」という仕組みを、ヒトと機械の関係という角度から見ると別の景色が見えてくる。

 その一つは、ヒトにしかできない作業や思考の領域が次第に絞られているということだ。「Tech-On!」読者が携わるものづくりの分野では、産業用ロボットの導入によって工場で働く人々の数が減っている。海外への生産シフトで日本国内に工場すらない製造業も珍しくなくなった。

流通業でも“産業用ロボット”が台頭

 これは、製造業だけの話ではない。インターネットやITの普及によって、他の分野でも同じ状況が生まれている。楽天や米Amazon.com社のようなネット通販企業は、これまで店舗の店員さんが担ってきた「商品と顧客のマッチング」をネットで自動化した。これは、流通業における産業用ロボットの導入と考えれば、分かりやすい。

 楽天などが提供する仮想商店街の販売システムを使えば、極めて少人数で全国規模の店舗を出店できる。その効果は大きい。リアルな店舗を持つ百貨店などが苦戦する中、ネット通販大手の取扱高が軒並み過去最高になっているのは象徴的だ。

 「ヒトの創造(想像)力があればこそ」という印象が強いデザインなどの芸術に近い分野も同じである。パソコンや家電に搭載されるCPUの処理能力が向上したことで、素人でもかなり質の高い作品を自動的に作れるようになった。

 例えば、カシオ計算機が展示会に最近出展したデジタル・フォトフレームの試作機は、写真を水彩画風や油絵風などに自動変換して表示できる。デジタル・カメラでは、撮影した写真をポップアート風やジオラマ風などに自動補正し、まるでプロが撮ったかのように仕上げてくれる機能を持つものもある。組み込み用マイクロプロセサの処理能力でも、素人写真を玄人はだしの作品に仕上げられる便利な世の中になった。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング