• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデータから読み解くデバイス新潮流 南川レポート > LSI市況,回復色が鮮明に

  • 南川 明=アイサプライ・ジャパン
  • 2010/03/23 12:00
  • 1/3ページ

2010年はDGレシオが好スタート

 2010年に入り,LSI市況の回復傾向が一層鮮明になってきた。LSI市況は2009年春ごろから回復してきたが,同年秋ごろには伸び悩み傾向も見られ,二番底に対する懸念が出ていた。しかし,2009年末の在庫調整がうまく進んだことや,アジア地域での旧正月需要が例年以上に盛り上ったことで,2009年後半に一時低下したDGレシオは,年末から再び上昇に転じている。2010年は好調な出足となった。

 トレンド線となる「DGレシオ(3カ月移動平均)」をみると,2010年1月は対前月比で微増の1.15と,2009年12月に引き続いて2カ月連続で上昇し,本格的なLSI市況回復の様子が鮮明になってきた(図1)。旧正月の消費は好調だったようであり,セット・メーカは旧正月以降もLSI調達を継続するとみられる。このため,このトレンド線は今後も上昇を続けるだろ。LSIの在庫水準は低く保たれており,LSI市況における二番底に対する懸念は益々小さくなっている。この結果を受け,われわれは2010年のLSI需要は対前年比+16%と予測しており,2010年後半に先進国の雇用環境が改善すればさらに上方修正も狙えると考えている。

図1 DGレシオ(3カ月移動平均)の推移
米iSuppli Corp.のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 旧正月におけるLSI応用製品の販売状況はテレビ,エアコンが好調であり,ノート・パソコン(PC),スマート・フォン,自動車も2009年を超える販売台数を達成したようだ。新興市場は,早くも「100年に1度」といわれた未曾有の不況を切り抜け,自律回復を始めている。例年なら季節要因によって第1四半期にセットやLSIの市況に落ち込みが見られるが,2010年は旧正月の販売が好調なために例年のような落ち込みは見られない。

 上記のテレビ,エアコン,ノートPC,スマート・フォンは引き続き好調である。例えば中国のテレビ販売台数の速報値は,1月が対前年同月比+35%の3500万台,2月が同+70%の2700万台と大幅に伸びている。最近は納期トラブルの話も聞くようになった。これに呼応して,2010年1月のLSI受注も対前月比で増加している。

 中国をはじめとするアジア諸国の旧正月需要は,これまでのエレクトロニクスの景気サイクルを完全に変えてしまった。2010年の景気動向に関しては,中国政府が消費刺激策を継続し,同国の景気が好況であることは間違いない。LSI産業も中国の景気動向に強く依存するようになっている。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ