• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスパラダイム・シフトを目指すLSI信頼性保証 > 第4回:新しい信頼性保証のパラダイム

パラダイム・シフトを目指すLSI信頼性保証

第4回:新しい信頼性保証のパラダイム

  • 塩野 登=日本電子部品信頼性センター(RCJ)
    福田 保裕=沖エンジニアリング
  • 2010/04/12 00:00
  • 1/1ページ
このような従来の標準条件に基づく認定試験での問題を解決するため,新しい信頼性保証の考え方が必要になっている。これに対する一つの解として,故障物理に基づく信頼性保証8)がある。これは,対象とする技術に対する故障モードや故障メカニズムを理解し,さらに製品の使用条件を考慮して加速試験条件を設定する信頼性保証方法である。具体的には,(1)開発段階から信頼性を考慮して対象技術の故障モードや故障メカニズムを理解する,(2)ユーザーとの協力によって使用条件を知る,の二つを推進する。具体的な認定フローを示す。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓