ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

次世代FPD基板用TFTの要求性能

松枝 洋二郎=松枝コンサルティング
2010/02/22 00:00
印刷用ページ

 2010年1月28~29日に姫路で開催されたTFTの国際会議「International Thin-Film Transistor Conference 2010(ITC'10)」で,Invited Paper(招待論文)を発表する機会を得た1)。筆者の発表内容は次世代FPD基板用TFTの要求性能について。参加者から大きな反響があったので,ITC'10の許諾を得て今回その一部をこのコラムで紹介させていただく。

1)Matsueda, Y.,“Required Characteristics of TFTs for Next generation Flat Panel Display Backplanes,”The Proceedings of the 6th International Thin-Film Transistor Conference, pp.314-317, 2010.

 ITCはTFTに特化した国際会議で,第1回は2005年3月にソウルで開催された(Tech-On!関連記事1)。その後,日本(北九州),イタリア,韓国,フランスで開催され,今回で6回目を数える。次回は英国ケンブリッジで開催予定である。

 今回は招待論文18と一般論文71の計89の論文が集まり,二つのセッション会場で同時に進行された。セッションの一つはSi関連で,もう一つは酸化物と有機TFTであった。筆者は後者のセッションに参加したのだが,数多くの興味深い論文を聞くことができて満足した。また,ポスター・セッションも盛況だった。最後のシンポジウムでは “Si系,酸化物,有機TFTのどれが次世代TFTの本命か”という旬なテーマで6件の発表があり,筆者はそのトリを務めさせていただいた。同じ週に開催された,透明アモルファス酸化物半導体とそのディスプレイ応用に関する国際会議「International Workshop on Transparent Amorphous Oxide Semiconductors(TAOS 2010)」は,会場に入り切れないほどの参加者で熱気に包まれ,注目すべき発表も多くて面白かった(同関連記事2など)。ただ,配付された冊子にはAbstract(要約)のみ掲載されており,Proceedings(発表内容)が掲載されていなかったことがとても残念だった。

 ITC '10ではそれぞれのデバイスの専門家による客観的な議論が繰り広げられ,Proceedingsを読みながら自分の考えを整理することができてとても良かった。TA0S 2010ではそれぞれの企業の次世代FPD戦略がよく見えてきたが,ITC'10ではいくつかその裏付けや比較参照例となる報告もあった。このような地に足の着いた議論はとても重要だと思う。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング