技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

カイゼン依存症

仲森 智博
2010/02/05 12:00
印刷用ページ

 高校の同級生たちに会った。こんなご時勢である。みなそれなりにしんどい事情を抱えている。だから、近況に属する話はさっぱり盛り上がらない。言えば愚痴になるし、聞いてもよく分からんし、分かってもしんみりするだけだし。で、結局は昔話になる。要するに「あのころは底抜けにバカなことやってたよねー」という、人畜無害な回顧談である。

 そのバカなことの代表例といえば、間違いなく「悪事」であろう。私が通っていたのは広島市内にある私立男子校だが、私たちに限らず、あれくらいの年齢の男子は、危険な香りが大好きで、わけもなく向う見ずであることを競うものだ。その格好の標的になるのが、禁じられた行為、すなわち悪事であり、そこにギリギリまで接近することが少年たちの勲章になったりするのである。

「そういえば、麻薬クラブみたいなのを作ってたやつらがいたなぁ。あれAだっけ?」

 あったあった、そんなことが。何ともさわやかさを欠く青春の思い出ではあるが、実は私もその構成員だった。けど、ケータイもインターネットもなかった当時の高校生には、それが実際にどのようなものかという知識はほとんどなく、もちろんブツの入手方法など知るすべもないのである。ムダに興味津々なだけで出口がない。

失敗は探求の母

 そんなある日、同級生が「それ」を体験したぞと自慢し始めた。夜中に盛り場近くをうろついていたら「米軍さん」の一団と出くわし、何やかや話をしているうちに親しくなって、彼らとしばし行動を共にしたのだという。そんな彼らが、タバコ状のものを取り出して回し喫みを始めた。彼も吸ってみた。何ともいいものだったらしい。

 「これこそ我々が探し求めていたアレに類するものに違いない」と気付いた同級生が「な、な、何ですかこれは?」と聞くと、「グラス」だという。「え?ガラス?そうじゃなくって草?何それ」といろいろ突っ込んでみたらしいのだが、彼の英語が稚拙すぎたのか、基本的な知識がなさすぎたのか、どうもうまく質疑応答が成立しない。業を煮やした米兵さんの一人が、コースターの裏にボールペンで絵を描いてくれた。「この葉っぱだよ、な、わかっただろ」ということで。

好評につき第2期開講決定!【2015年5月22日開催・技術者塾】
ものづくりイノベーター養成講座 (全5回)
経営視点から"ものづくり"をリードする着眼力と実行力を磨く


21世紀には“ものづくり”とビジネスモデルを同時に考えることのできる“ものづくりイノベーター”が求められています。
本講座では、経営者を支えて新製品・事業の開発で貢献できる人材を育成します。森岡謙仁氏とゲスト講師による講義に加え、ワークショップによって実務ノウハウを習得できます。 詳細は、こちら

日時:2015年
   5月22日(金)、6月12日(金)、7月8日(水)、
   8月5日(水)、9月16日(水)
   各日10:00~17:00(開場9:30)予定
会場:日経BP社 4F(東京・白金高輪)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング