設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第18回・エンジニアとバイヤーの境界を越えて(2)

野町 直弘=アジル アソシエイツ 代表取締役社長
2009/10/19 18:53
印刷用ページ

ちょっと言いすぎたみたいだな。

 2週間後のことだった。人事発令に購買部の田中の名前があった。
「2009年10月7日 人事発令 購買部 田中孝 霜月製作所出向」

「えっ,本当かよ」。思わず鈴木は声を上げてしまった。
 田中はまだ40代だったはずである。霜月電機でも若いうちからの出向は珍しい話ではないのだが,若手の出向先は大体の場合,海外子会社か戦略子会社だ。ところが霜月製作所は100%子会社の組立外注工場で,社員も100名程度の小さな会社。異動の時期でもないのに出向するのは,相当珍しいケースといえる。

「ちょっと購買部行ってきます」。鈴木は隣のアシスタントの女性にそう言って,購買部の田中のところに急いだ。

 田中は机の整理をしていた。フロアに置いたダンボールに,数冊のファイルが入っていた。
「田中さん,出向するんですって?」鈴木が声をかけた。
「おっ,鈴木さんか,そうみたいだね。今日発令が出ていたよ。鈴木さんにもいろいろお世話になったな。ありがとよ。」
「いつ行っちゃうんですか?田中さん」
「引き継ぎがまだだから,だいたい2週間後だな」。
「出向して何やるんですか? やっぱり購買部長ですか?」
「そうだね。俺は購買しかできないし。ただ,製作所の購買はほとんどうちが集中購買しているから,自社では購買権限あまり持っていないんだよな。年間数千万円くらいだよ。購買部長といっても部下一人,アシスタント一人だしな」。声をひそめて「要するに飛ばされたってことよ」。田中は笑いながらそう答えた。
 鈴木は思った。そう言えばこの人の笑顔ってほとんど見たことなかったな。しかし何でこんなに明るいんだろう。
「田中さん,また何でこんなことに?」
「うん,ちょっと言いすぎたみたいだな。…あまり大きな声では話せないから下に行こう」。

 田中と鈴木は喫茶ルームに向かった。以前,田中から「設計の役割って何なのか教えてくれ。」と言われた場所だ。

本当のWin-Winとは?

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング