設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第17回・エンジニアとバイヤーの境界を越えて(1)

野町 直弘=アジル アソシエイツ 代表取締役社長
2009/10/07 20:07
印刷用ページ

人事制度 自己申告書


 この物語の主人公である鈴木孝は,総合電気メーカー「霜月電機」の入社3年目のエンジニアである。霜月電機の人事制度の一つに,自己申告制度がある。自己申告制度とは,年に一回社員全員が現在の仕事についてどのくらい満足しているか,今後どんな仕事をしたいと考えているか,といったことを所定の用紙に書いて提出するものだ。

 この自己申告書を元に,直属の上長が面談を行い,自己申告書は最終的に人事部に提出される。その内容や配属希望がどの程度実際の異動に反映されているかは不明だが,エンジニアの若手は社内でも引く手あまたのようであり、購買、生産管理、工場などに希望を出せばほぼ100%希望通り異動が可能だという噂だ。

 しかし鈴木の会社のエンジニアは,ある程度キャリアパスが見えている。設計部門内で一通りの仕事がこなせるようになって,新商品の責任者として市場調査から開発,生産,量産化までを商品企画担当者と一緒にやっていく,というのが一般的な技術屋の出世コースだとされていた。

 そのため,若手エンジニアである鈴木にとっては,自己申告書はあくまでも形式的なものであり,異動希望の質問に関しては毎年「1.異動希望なし」に○を付けていた。これは他の若手エンジニアも同様であり,よほどのことがない限り「2.異動希望あり」「3.将来的に異動希望あり」に○を付けることはなかった。


 鈴木も去年までは躊躇なく「1.異動希望なし」に○を付けていたのだが,今年は何となく心に引っ掛かるものがある。それは先日,開発購買グループの前田から聞いた言葉だった。「素晴らしい製品を世の中に広めたいだけだ」。

 自分は今までそんなことを考えたこともなかった。ただ単に,与えられた仕事をどうにかこなしてきているだけ。本当にこのまま設計部にずっといていいのだろうか? ふとそんな疑問が鈴木の心の中に浮かんできたのだった。

 「そうだ,前田さんに聞いてみよう」。鈴木は前田に「ちょっとご相談したいことがあるので今日の昼休みにお時間をください」という内容で電子メールを出した。


――――――――――――――――――――――――――――――――――


 その日の昼休みの前田からのアドバイスはこうだった。異動希望を出すにしても,開発購買グループだけはやめた方がよい。開発購買グループは鈴木のような若手社員が来る部署ではない。鈴木がいくらやる気を持って,開発と購買のつなぎをやろうとしても,社内の人間からはなかなか受け入れらないだろう。開発を離れてみたいのであれば,生産技術とか実験部門とか基礎研究部門を考えたらどうか?


 前田のアドバイスは明確だった。だが,鈴木としてはどうも割り切れない部分が心に残った。

何で分からないんだ?

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング