• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりのサプリ > 《意欲のサプリ》第21回---技術者に必要な話し方(3)話の構成や内容が良くても,伝わるとは限らない

ものづくりのサプリ

《意欲のサプリ》第21回---技術者に必要な話し方(3)話の構成や内容が良くても,伝わるとは限らない

  • 笠原 隆=ノバ コンサルティング
  • 2009/09/28 19:00
  • 1/1ページ
日経ものづくり編集部からのお知らせ
本コラム著者の笠原隆氏は,2009年8月5日にお亡くなりになりました。本記事は,ご遺族の方の了解を得て掲載するものです。

 話の構成が良く,内容が充実していたとしても,話し手の意図が聞き手に伝わらないことは多々あります。なぜなら,コミュニケーションにおいて声の大きさやトーン,話す速度などさまざまな要素が影響しているからです。

 話をより伝わりやすくするポイントを以下に挙げます。ただし,絶対的な“正解”はありません。細かいことにとらわれすぎず,個性を生かして元気良く話を進めることも同じぐらい重要です。

(1)発声練習をする

 気を付ける項目は次の通りです。

  • 声の大きさ
  • 声のトーン
  • 声の高低
  • 話の速度
  • 間の取り方

(2)話に流れを持たせる

 上手な話し方には,“流れ”というものがあります。具体的には,構成を考えるときに以下に配慮します。

  • 話の内容を絞り込む
  • 話の全体像を作る
  • 体系的な構成を考える
  • 構成間の過程を考える

(3)内容に魅力をもたせる

 単に伝えたいことを話すだけでは,聞き手も退屈してしまいます。以下のようなアイデアを採り入れてみます。

  • 聞き手にとって身近な話題や有名人の事例を盛り込む
  • ウイット(場に合った機知に富む話)やユーモア(しゃれっ気)を盛り込む
  • 即興の話を盛り込む

(4)時間配分を工夫する

 聞き手に「長い」あるいは「退屈」などと感じさせない工夫が必要です。

  • 前段/中段/まとめのバランスを取る
  •  例1:前段20%,中段60%,まとめ20%
     例2:前段20%,中段70%,まとめ10%
  • 適度に間を取る
  • 小道具を活用する
  • 話の重点となる部分(山場)を要所に分散させる

 話すことに慣れていない方や,今後話す機会が増えそうな方には,日ごろから十分に準備しておくことをお勧めします。自分が話している様子(音声や映像)を記録し,気になる点を確認しましょう。繰り返し練習することで,レベルは確実に高まります。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓