設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

《意欲のサプリ》第21回---技術者に必要な話し方(3)話の構成や内容が良くても,伝わるとは限らない

笠原 隆=ノバ コンサルティング
2009/09/28 19:00
印刷用ページ
日経ものづくり編集部からのお知らせ
本コラム著者の笠原隆氏は,2009年8月5日にお亡くなりになりました。本記事は,ご遺族の方の了解を得て掲載するものです。

 話の構成が良く,内容が充実していたとしても,話し手の意図が聞き手に伝わらないことは多々あります。なぜなら,コミュニケーションにおいて声の大きさやトーン,話す速度などさまざまな要素が影響しているからです。

 話をより伝わりやすくするポイントを以下に挙げます。ただし,絶対的な“正解”はありません。細かいことにとらわれすぎず,個性を生かして元気良く話を進めることも同じぐらい重要です。

(1)発声練習をする

 気を付ける項目は次の通りです。

  • 声の大きさ
  • 声のトーン
  • 声の高低
  • 話の速度
  • 間の取り方

(2)話に流れを持たせる

 上手な話し方には,“流れ”というものがあります。具体的には,構成を考えるときに以下に配慮します。

  • 話の内容を絞り込む
  • 話の全体像を作る
  • 体系的な構成を考える
  • 構成間の過程を考える

(3)内容に魅力をもたせる

 単に伝えたいことを話すだけでは,聞き手も退屈してしまいます。以下のようなアイデアを採り入れてみます。

  • 聞き手にとって身近な話題や有名人の事例を盛り込む
  • ウイット(場に合った機知に富む話)やユーモア(しゃれっ気)を盛り込む
  • 即興の話を盛り込む

(4)時間配分を工夫する

 聞き手に「長い」あるいは「退屈」などと感じさせない工夫が必要です。

  • 前段/中段/まとめのバランスを取る
  •  例1:前段20%,中段60%,まとめ20%
     例2:前段20%,中段70%,まとめ10%
  • 適度に間を取る
  • 小道具を活用する
  • 話の重点となる部分(山場)を要所に分散させる

 話すことに慣れていない方や,今後話す機会が増えそうな方には,日ごろから十分に準備しておくことをお勧めします。自分が話している様子(音声や映像)を記録し,気になる点を確認しましょう。繰り返し練習することで,レベルは確実に高まります。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング