• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりのサプリ > 《意欲のサプリ》第19回---技術者に必要な話し方(1)つい忘れがちな「前提条件」

ものづくりのサプリ

《意欲のサプリ》第19回---技術者に必要な話し方(1)つい忘れがちな「前提条件」

  • 笠原 隆=ノバ コンサルティング
  • 2009/09/14 19:00
  • 1/1ページ
日経ものづくり編集部からのお知らせ
本コラム著者の笠原隆氏は,2009年8月5日にお亡くなりになりました。本記事は,ご遺族の方の了解を得て掲載するものです。

 突然ですが,皆さんは「話し方」を学んだことがありますか? 私は経営コンサルタントを職業に選択したので,「話し方」を習得する必要がありました。3年ほど仕事を早めに切り上げて夜間に開催されていた「話し方教室」の授業を受講し,基礎を学んだのです。技術者の皆さんにも役立つと思いますので,これから数回に分けて説明していきます。

上手な話し方とは…

 本題に入る前に,私が上手な話し方の模範としているものを紹介します。

まず,何を話すかを話し
 次に,それについて話し
  最後に,今,何を話したかを話す

Dale Carnegie
全世界でロングセラーとなった
『人を動かす』『道は開ける』などの著者

 この言葉は,我々が日ごろつい忘れがちな「前提条件」を思い起こさせてくれます。以下に挙げた「前提条件」を認識することが,上手な話し方へのスタートラインです。

(1)明らかな前提条件を知る

  • 聞き手はあなたを知らない
  • 聞き手はあなたの立場を知らない
  • 聞き手はあなたの話の内容を知らない
  • 聞き手はどうすればよいか知らない
  • 聞き手はなぜそうなのか知らない

 我々は「聞き手は自分のことを知っているもの」「聞き手はこれからする話の内容を十分に知っているもの」という前提で話してしまいがちですが,そうではないということです。次回は,この前提条件を認識した上で,話し手が事前に押さえておくべき項目について紹介します。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓