• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりのサプリ > 《行動のサプリ》第24回---プラスαの習慣(2)成長への糧となる「自分へのプラスα」

ものづくりのサプリ

《行動のサプリ》第24回---プラスαの習慣(2)成長への糧となる「自分へのプラスα」

  • 笠原 隆=ノバ コンサルティング
  • 2009/09/09 19:00
  • 1/1ページ
日経ものづくり編集部からのお知らせ
本コラム著者の笠原隆氏は,2009年8月5日にお亡くなりになりました。本記事は,ご遺族の方の了解を得て掲載するものです。

 前回に引き続き「プラスα」の話をします。今よりも成長するためには,自分自身にプラスαの仕事を課します。ところが,技術関連の仕事をしていると,時間の概念が失われていきます。なぜなら,技術や技能に関する仕事には“区切り”がないからです。区切りがないと,どこからがプラスαなのかもよく分かりません。

 創造的な仕事の重要性が増すにつれ,最近は技術や技能以外でも,こうした区切りのない仕事が多くなってきました。このような仕事の場合,普段から自分でそれぞれの仕事について時間配分を定めておく必要があります。また,自分の実力(作業速度)も知っておくとよいでしょう。例えば,次のような作業についてどのぐらいの時間が必要でしょうか? 考えてみてください。

  • 思考時間(A4判1枚の企画書向けにアイデアを思考するのに要する時間)
  • 文章作成時間(A4判1枚の企画書を実際に作成するのに要する時間)
  • 図表作成時間(A4判1枚の企画書で使う図表を作成するのに要する時間)
  • 共同作業時間(A4判1枚の企画書をほかの人と一緒に作成するのに要する時間)

プラスαの仕事を毎日行なう

 自分の実力が分かると,プラスαも見えてきます。プラスαの仕事を毎日行うことを習慣にしましょう。このとき,1週間分をまとめて行わず,たとえ1%でも構いませんので,毎日こつこつと行ってください。そして,仕事に余裕ができてきたら,プラスαの範囲を1%から増やすように心掛けましょう。

《行動のサプリ》の記事はこれで最後となります。次回から《意欲のサプリ》の原稿を順次掲載していきます。次回は2009年9月14日(月)の掲載を予定しています。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓