設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

《行動のサプリ》第21回---ニーズとシーズが交わるところ

笠原 隆=ノバ コンサルティング
2009/08/31 19:00
印刷用ページ
日経ものづくり編集部からのお知らせ
本コラム著者の笠原隆氏は,2009年8月5日にお亡くなりになりました。本記事は,ご遺族の方の了解を得て掲載するものです。

 ニーズとシーズの関係については諸説ありますが,次のような見方もあると思います。つまり,「新製品」とは,ある時点でのニーズとシーズが交わった結果の産物であるということです。そう考えると,技術者としてやらねばならないことも見えてきます。

 ここでの「ニーズ」は,顧客が要求する商品/部品/材料/資材/システム/組織/体制などの意味で使っています。また「シーズ」は,企業や技術者などが保有している技術/技能/能力などの意味とします。

自分たちの技術をきちんと把握

 冒頭で述べたように,新製品の開発では,ニーズとシーズの交点において検討可能な製品の仕様や,そのために,解決しなければならない課題・問題点を明確にしていきます。それによって,新製品の在るべき姿も見えてきます。

 このとき技術者としては,どれだけ素晴らしい技術/技能/能力を保有していても,それらに自分自身で気づいていなければ,何の意味もありません。自分たちのシーズとして何があるのかきちんと把握しておくことで,新製品で何ができるのかということや,そのために何を新たに修得しなければならないのかが分かるのです。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング