• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりのサプリ > 《知識のサプリ》第21回---IE編(1)生産性向上に役立つIE

ものづくりのサプリ

《知識のサプリ》第21回---IE編(1)生産性向上に役立つIE

  • 笠原 隆=ノバ コンサルティング
  • 2009/08/17 19:00
  • 1/1ページ
日経ものづくり編集部からのお知らせ
本コラム著者の笠原隆氏は,2009年8月5日にお亡くなりになりました。本記事は,ご遺族の方の了解を得て掲載するものです。

 今回から,製造業において主に生産現場の生産性向上に利用されているIE(Industrial Engineering,産業工学)について説明していきます。これまで本コラムで紹介してきたVE(価値工学)やブレーンストーミングと同様,IEも製造業の枠を超えて,流通/医療/運輸/通信/アパレルなどさまざまな分野で活用されています。皆さんも,ぜひIEの手法を身に付けて,職場の課題解決に役立ててください。

長い歴史があるIE

 IEには非常に長い歴史があります。
18世紀後半に英国で産業革命が起こり,その時に現在の生産計画,生産工程,機械設備の標準設定,部品標準化などに関する基本的な考え方が生まれました。それが米国に渡った後,1911年にFrederick Taylorが『The Principles of Scientific Management』(邦題:科学的管理法の諸原理)を発表しました。これが,IEの始まりといわれています。

 IEでは,管理水準を高めることで生産性を改善します。大まかな手順を下の図に示しました。システムなど全体にかかわる部分から着手した後,動作などの細部に向けて改善を進めていくのが特徴です。

IEの大まかな手順
IEの大まかな手順
IE編は2回分あります。次回は2009年8月19日の掲載を予定しています。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓