設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

《知識のサプリ》第21回---IE編(1)生産性向上に役立つIE

笠原 隆=ノバ コンサルティング
2009/08/17 19:00
印刷用ページ
日経ものづくり編集部からのお知らせ
本コラム著者の笠原隆氏は,2009年8月5日にお亡くなりになりました。本記事は,ご遺族の方の了解を得て掲載するものです。

 今回から,製造業において主に生産現場の生産性向上に利用されているIE(Industrial Engineering,産業工学)について説明していきます。これまで本コラムで紹介してきたVE(価値工学)やブレーンストーミングと同様,IEも製造業の枠を超えて,流通/医療/運輸/通信/アパレルなどさまざまな分野で活用されています。皆さんも,ぜひIEの手法を身に付けて,職場の課題解決に役立ててください。

長い歴史があるIE

 IEには非常に長い歴史があります。
18世紀後半に英国で産業革命が起こり,その時に現在の生産計画,生産工程,機械設備の標準設定,部品標準化などに関する基本的な考え方が生まれました。それが米国に渡った後,1911年にFrederick Taylorが『The Principles of Scientific Management』(邦題:科学的管理法の諸原理)を発表しました。これが,IEの始まりといわれています。

 IEでは,管理水準を高めることで生産性を改善します。大まかな手順を下の図に示しました。システムなど全体にかかわる部分から着手した後,動作などの細部に向けて改善を進めていくのが特徴です。

IEの大まかな手順
IEの大まかな手順
IE編は2回分あります。次回は2009年8月19日の掲載を予定しています。
【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング