ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 
Sarah Han(訳:Irene Heo,構成:湯浅 佳樹)=Displaybank
2009/08/06 09:30
印刷用ページ

 電子ペーパーは,通常の紙と同様に光源を持たない反射型表示素子で,電源を消してもイメージが維持されるメモリー機能を持つディスプレイを指す。

 大部分の電子ペーパーは,液晶ディスプレイに比べて視野角や解像度に優れ,ガラス/プラスチック/金属/紙など様々な基板上に実現できる。また,製造方法がシンプルで,ロール・ツー・ロール工程による低コストでの大量生産が可能だ。さらに,電力を要するのは表示画像の変更時のみのため消費電力も低いなど,メリットは多い。

 電子書籍端末市場が本格的に立ち上がってきているが,今後は,その他の紙の印刷物である電子新聞や電子雑誌などの表示媒体としても期待されており,市場ポテンシャルは極めて大きい。また,看板や広告板,案内板などのパブリック・ディスプレイとしての適性も高い。

電子ペーパーの市場展望

 電子ペーパー市場は,2008年の約7000万米ドルから年平均47%の成長率で2015年に21億米ドル,2020年には約70億米ドルに達すると,われわれは予測している。このうち電子書籍端末向けの市場は,2008年の約3500万米ドルから2015年に約11億米ドル,2020年には約34億米ドルと,電子ペーパー市場全体の約50%を占め,同市場の牽引役となる(図1)。

図1 電子ペーパーの市場予測(金額ベース)
[画像のクリックで拡大表示]

 電子ペーパーの需要は,2010年の2000万枚から2020年には約11億枚に達すると予測している。既存のアプリケーション市場では,モバイル・ディスプレイの代替として2010年の800万枚から2020年には3億2000万枚と,年平均48%増で拡大する見通し。また,新規アプリケーション市場では,2010年の1000万枚から2020年には約8億枚まで増加するとみている(図2)。

図2 電子ペーパーの市場予測(数量ベース)
[画像のクリックで拡大表示]

 電子ペーパー技術は,印刷された紙のような視認性を備えつつ電子的な情報処理を可能とするもので,さらに低消費電力性や柔軟性というメリットから,様々な分野で採用されていくと期待される。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング