技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

ミッキーを食べる人、食べない人

ミッキーの十戒(5)“Communicate with visual literacy”

大住 力=環境経営戦略総研
2009/08/05 00:00
印刷用ページ

 ミッキーの十戒、5項目は「Communicate with visual literacy」というものである。もう少し丁寧にいえば、「You should communicate with your guest with visual literacy」で、直訳すれば「視覚リテラシーでお客様を共感させなさい」ということになる。つまり、お客様の「視覚を通してイメージする能力」を的確に把握した上で、そのお客様に応じたサービスを提供しなさい、との意味である。

 この場合の「コミュニケート」とは、通常、私たちが使う「知覚、思考、情報を伝達する」という意味ではなく、「共有する」ということであろう。「リテラシー」に関しては、本来は「識字力=文字を読み書きする能力」のことで、転じてある分野に関する知識、能力を指すが、ここでは「ビジュアル・リテラシー」、つまり「視覚を通してイメージする能力」を表していると解釈できる。

 ただ、この「視覚を通してイメージする能力」というのは、実に捉えがたいものである。他の動物と比較し「人間の視覚認知能力」を簡易に定義することはできるだろうが、それではごく一般的な、最大公約数のような能力を指しているにすぎない。実際のビジネスに応用する場合には、顧客の住んでいる地域、生活慣習、環境、生活水準、世代などを把握し、さらに高い解像度で視覚認知能力について論じていく必要がありそうだ。

 たとえば、一般に「国民性」と呼ばれるものがある。日本人は平安の昔から、桜の花をこよなく愛してきた。和歌で単に「花」といえば桜を指すほどである。ただその美しさを愛でるだけでなく、開花の兆しに春の訪れを重ね合わせ、わずか1週間ほどでひらひらと散ってしまう、そのありようを見て、人の世のはかなさを感じてしまったりもする。この感覚は、1000年以上にわたって築き上げられてきたもので、日本人の「視覚を通して同じイメージを持てる能力」ともいえるものであろう。

 けれど、生活慣習や文化が異なるアメリカ人の多くは、同じ桜の花をワシントンD.C.で見て「美しい」と感じても、「人の世のはかなさ」を感じとることはまずないのではないかと思う。月も同様であろう。日本人は月の模様を「兎が餅つきをしている姿」に見立てたが、西洋では蟹の姿や編み物をする老婦人、ネイティブ・アメリカンの中には、女性の顔と見立てるという話を聞いた。このように同じ花や月を見ても、日本人とその他の文化圏に住む人とでは、受け取る印象も連想するものも違うのである。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング