技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

“できた奥さん”とカリスマ販売員

推薦エンジンは、ネット家電の救世主になるか

内山 幸樹=ホットリンク 代表取締役社長
2009/08/10 00:00
印刷用ページ
 「テレビでGoogle特集を放送してたから、録画しておいたよ」

 遅くまで仕事をして帰宅すると妻が気の利いたことを言ってくれた。さすが、インターネット業界で働く夫の興味をよく知っている。翌朝、眠い目をこすりながら食卓につくと、テーブルに並ぶのはフルーツだ。

 「疲れているように見えたから、食べやすいものにしておいたの」

 こんなに“できた奥さん”、ありえねぇよ。そうですよね、そう思いますよね? でもこれ、私の家庭の実話なんです…。

 連載2回目にして、のろけ話か! 読者の皆さんから、お叱りの声が聞こえてきそう。でも、ご容赦ください。この妻の応対は、ネット・サービスや家電などの分野で、これまで以上に重要性を増している、ある技術の将来像を示しているのだ。

機械でヒトの応対を代替できるか

 妻の応対は、どのようなロジックで成り立っているのか。もちろん、「何か裏がある」とか、そういう話ではない。注目したいのは、相手を心地よくさせたり、気が利くと感じさせたりする応対の不思議である。評判のホテルには、必ず優秀なコンシェルジュがいたりする。売り上げを伸ばす店には、商品を薦めるのが上手なカリスマ販売員がいる。

 では、このヒト対ヒトで成り立つ「気が利く」行動を、機械対ヒトで実現するにはどうすればいいか。カリスマ店員がさらりとやってのける応対を機械で実現するのは、そう簡単ではない。その実現手法の一つが、「リコメンデーション(推薦)」と呼ばれる技術である。

 最近、ネット通販や映像・音楽配信などのサービスでは、この技術を応用してお薦めの商品やコンテンツを提案するシステムの導入が活発になっている。「推薦エンジン」と呼ばれるシステムだ。ネット・サービスだけでなく、HDDレコーダーや携帯型音楽プレーヤーなどのデジタル家電でも、ユーザーの好みに合ったテレビ番組を録画したり、よく聴くジャンルの音楽を提案したりする機能が当たり前になりつつある。

 お薦めの商品を人間が効果的に提案する手法自体は、マーケティング分野で古くから系統立てて研究がなされてきた。お薦めを選択する思考を自動化し、人間に代わって提案する推薦エンジンの研究も古い。1980年代後半には、既に米MIT(マサチューセッツ工科大学)が電子メールやネット・ニュースを対象にした推薦エンジンを提案している。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング