半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

若手のパワー炸裂――半導体製造装置の具体例

和田木 哲哉=野村證券 金融経済研究所
2009/07/27 12:00
印刷用ページ

「組織は人なり」,東京エレクトロンの躍進は証明する

 組織で一番大切なのは人である。人間の力は偉大であり,社員の潜在能力をいかに引き出してやるかで会社の業績は大きく変わる。

 東京エレクトロンは成功の典型例である。かつては技術力や製造力など水準を下回るレベルでしかなかった企業だが,社員はエネルギーに満ちあふれ,仕事に対して意欲的だった。技術力の不足を,創意工夫,営業力,手厚いサービス・サポートでカバーして,取扱い製品は市場を席巻,大きな利益を上げた。

 同じ業界でも,東京エレクトロンより格段に技術や製造に長けた企業でありながら,利益も出せず,成長もしていない例は枚挙に暇がない。

社員の能力をどうやって引き出すのか

 社員の能力を引き出すにはどういう組織にすれば良いのか。

 職場の雰囲気作りや報酬体系の見直しも重要だが,一つ,見落とされがちなのは「PL(損益計算書)」を背負わせることである。

 300人ほどの大組織に所属していることの弊害は,損益意識が希薄になることである。「自分ひとりくらい無駄使いしても・・・」という気持ちが働くこともあり,コスト意識が働かない。上司がトップ・ダウンで予算を設定して,ルールで押さえつけるのが関の山である。チリも積もれば大変なことになる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング