技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

最近、“機械”に使われていませんか?

ターミネーターが見る“Twitter”の夢

内山 幸樹=ホットリンク 代表取締役社長
2009/07/27 00:00
印刷用ページ

 「我々抵抗軍はTwitterを使いSKYNETと戦う仲間を探している。そして仲間達にはこのTwitterを使い、様々な情報を提供していく」――。

 こんな呼び掛けが「resistance_jp」という謎の“人物”によって、インターネット上に書き込まれたのは、今年の初夏。それから数週間でこの呼び掛けに賛同し、仲間になった人々は日本国内で2000人あまりに膨れ上がった。多くの人々が、この人物からの情報を定常的に受信しながら、偵察や仲間作りなど、様々なレジスタンス活動を始めたのである。

 この平和な日本でレジスタンス活動? そう不審に思った読者の皆さんは正しい。もちろん、本物の反政府運動ではない。実は、6月13日に上映が始まったハリウッド映画「ターミネーター4」のプロモーションのひとつだ。最近、何かと話題の「Twitter(ツイッター)」というネット・サービスを利用している。

つぶやきの共有を販促に活用

 ターミネーター4は、世界的な大ヒットとなった「ターミネーター」シリーズの最新作。前作までは、現カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏が主演し、機械と人間との戦いを描いた。4作目の販促手法として映画会社が目を付けたのがTwitterなのだ。

 ご存じの方も多いと思うが、このサービスは米国のネット・ベンチャー、Twitter社が3年前に始めた。今、ネット業界では世界的に最もホットなサービスの一つだ。一般に「ミニブログ」と呼ばれるサービスで、ユーザーはそれぞれマイページを持ち、ブログのように記事を投稿できる。

 ただし、1件の記事の分量は最大140文字。限られた条件で投稿される記事の多くは「夕食にカレーを食べた」といったような、その時にしていること、感じたことをつぶやく程度のものだ。あえて定義すれば、つぶやき共有型のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼んだほうが適切かもしれない。

 Twitterでは、あらかじめ登録しておくことで、他のユーザーのつぶやきを時系列で並んだ形で一覧できる。投稿を読みたい他のユーザーを設定することを「フォローする」と呼ぶ。内容は玉石混交だが、多くのユーザーをフォローし、投稿を眺めていると、何となく世の中の流れがつかめた気になる。最近では、オバマ米大統領が大統領選で活用したり、イラン騒乱で民衆の情報発信手段になったりするなど世界的にも関心が高まっている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング