• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりのサプリ > 《意欲のサプリ》第17回---時間活用編(4)移動時間や待ち時間を活用する

ものづくりのサプリ

《意欲のサプリ》第17回---時間活用編(4)移動時間や待ち時間を活用する

  • 笠原 隆=ノバ コンサルティング 代表取締役
  • 2009/07/31 19:00
  • 1/1ページ

 人に与えられている時間は共通ですが,その使い方を工夫することで他人に差を付けることが可能になります。オフィスでの業務,睡眠,食事などを除いた残りの時間を効率的に使うにはどうすればよいのか。その答えの一つとなるのが,移動時間や待ち時間を活用することです。

1日を振り返ってリストアップ

 皆さんの1日を振り返ってください。通勤や待ち合わせといった移動時間・待ち時間は,自分が思っている以上にたくさんあるものです。さまざまな制約はありますが,こうした時間に自分は何ができそうか,リストアップしてみましょう。書き出してみることで,いろいろな可能性に気づくはずです。下に示す表は,筆者自身が日ごろから実践している内容です。

移動時間・待ち時間の種類活用法備考
通勤時間
  • スケジュールの作成/調整/確認
  • 技術専門書を読む
  • 語学の勉強
  • 資格試験の勉強
待ち合わせ時間
  • スケジュールの作成/調整/確認
  • 読書
  • 自己啓発
  • ストレス解消(音楽を聴く,コーヒーを飲むなど)
  • アイデア発想
電車やバスの待ち時間
  • 電話をかける
  • メールを見る/作成する
  • 今日これからのスケジュール確認
  • 今日の反省
予期せぬ出来事
(電車や航空機が事故で
動かない場合など)
  • 読書
  • 語学の勉強
  • 電話をかける
  • メールを見る/作成する
  • アイデア発想
  • 音楽を聴く
食事や飲料を確保する

 こうしてリストアップして整理するだけで,移動時間や待ち時間をかなり有効に使えるようになります。さらに,効果をもっと上げる手段がありますので,それは次回に紹介します。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓