技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

データで読み解くディスプレイ市場,DisplaySearchレポート

Tech-On!
2009/07/03 15:00
印刷用ページ
趣旨
ディスプレイ産業における,パネル出荷,セット出荷,パネル需給バランス,設備投資,製造装置,部品・材料,新技術,流通,コスト,収益などの膨大な収集データに定評のある米DisplaySearch社。米国・英国・日本・台湾・韓国・中国のディスプレイ主要各国・地域の経験豊富なアナリスト陣によるグローバルな分析は,多くの新聞,雑誌,テレビなどで引用されている。本コラムは,同社の一線級のアナリストに,その豊富なデータから今後のディスプレイ市場トレンドを読み解いていただきます。(Tech-On!)
田村 喜男(たむら・よしお)
DisplaySearch Senior Vice President
2000年2月,DisplaySearch社の副社長兼日本代表として迎えられ日本事務所を設立。前職のマーケット・リサーチ会社での経験と併せて,現在に至るまで17年以上にわたりFPD市場アナリストとして活躍。特に液晶パネル・メーカー,部材メーカーとの関係はFPD業界屈指であり,これがDisplaySearch社の調査能力を世界トップの幅広い視点に高めた大きな原動力となっている。現在もDisplaySearch社の主要レポートの多くを監修する。日本・韓国・台湾・米国など多数のディスプレイ市場セミナーに講演者として登壇しており,新聞各紙へのコメント・業界誌への執筆も多数。2005年より現職。

鳥居 寿一(とりい・ひさかず)
DisplaySearch Vice President
三菱電機で液晶ビジネスの海外営業・マーケティング業務に長年従事した後,2004年にDisplaySearch社に入社。テレビ担当アナリストとして,テレビ市場のマーケティング調査・分析,関連レポートの執筆を担当する。2007年からテレビ調査部門の責任者。各種新聞,経済誌,テレビなどへの出演多数。

早瀬 宏(はやせ・ひろし)
DisplaySearch 中小型FPD市場調査担当バイスプレジデント
1983年,エプソン(現セイコーエプソン)に入社。液晶パネルの製造技術や営業に,長期にわたり携わる。その後,アプライドコマツテクノロジー(現AKT)や台湾Wintek Corp. といった外資系の液晶関連メーカーを経て,2004年DisplaySearch社に入社。携帯電話機,デジカメ,カーナビなど多岐にわたる中小型FPDの市場動向調査を担当し,新聞・雑誌などに掲載される。国内外での各種講演も行う。

氷室 英利(ひむろ・ひでとし)
DisplaySearch IT & FPD 市場担当ディレクター
NECにて液晶モニターおよびノート・パソコンの設計開発,商品企画,資材購買,シカゴ駐在等を歴任,2007年にDisplaySearch社に入社。モニター,ノート・パソコン,パブリック・ディスプレイなどのIT機器関連市場および大型液晶パネルの価格動向の調査を担当。新聞・経済誌への掲載・投稿多数。

宇野 匡(うの・ただし)
DisplaySearch FPD部材市場担当ディレクター
大日本印刷にてディスプレイ・半導体用部材の営業およびマーケティングに長年従事した後,2006年末にDisplaySearch社に入社。部材担当アナリストとして,マーケティング調査・分析,関連レポートの執筆を担当する。

大井 祥子(おおい・しょうこ)
DisplaySearch タッチパネル市場担当サブディレクター
エレクトロニクス関連分野、特にFPD市場の調査においては部材~関連アプリケーションまで、前職の市場調査会社と併せ豊富なアナリスト経験を持つ。2010年12月にDisplaySearch社に入社、タッチパネルに関するマーケット調査・分析及び関連レポートの執筆を担当する。新聞・雑誌への掲載、国内外での各種講演実績も多数。

Charles Annis(チャールズ・アニス)
DisplaySearch FPD製造&技術部門担当バイスプレジデント
フォトンダイナミクス社(現オルボテック社)にてFPD用光学式自動検査装置の事業開発・マーケティング業務に携わる。2003年、DisplaySearch社に入社。FPD製造&技術部門担当アナリスト兼統括責任者として設備投資・製造装置の市場動向および技術調査を担当しており、各種新聞・雑誌・講演なども行う。2010年から太陽電池の調査部門Solarbuzz社のアジア統括責任者としても活躍。

記事一覧

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング