• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント技のココロ > 「和紙」 第4話 『水を嫌い、水に頼る』

技のココロ

「和紙」 第4話 『水を嫌い、水に頼る』

  • 文:今井 拓司=Tech-On!,仲森 智博=編集委員 撮影:藤森 武
  • 2009/06/18 15:00
  • 1/5ページ

Flash版はこちらから:Flash Playerが必要です


剥いだ皮を軒下で乾かす。
剥いだ皮を軒下で乾かす。
剥いだ皮を軒下で乾かす。

 あいにくの雨模様だった。空はどんよりと曇り、ぱらぱらと小雨が降りかかる。海抜200mのこの地では、雪に変わることも珍しくないという。尾崎家の脇にあるちょっとした広場には、大きなビニールシートが山なりに吊ってある。その下には無数の楮(こうぞ)の皮。家の軒下だけでは足りず、使える場所をすべて使って、剥いだばかりの皮を干しているのだ。

 蒸して剥がした楮の樹皮は、次にカラカラになるまで乾かす。ひとまず尾崎家の敷地で干した後、今度は集落の上にある、日がよく当たる場所に持っていき、さらに干す。皮を束ねた部分が、柔らかくなくなれば出来上がり。

 すっかり乾ききった皮を「黒皮」と呼ぶ。和紙の原料を商う原料商は、この状態で農家から楮を買い付ける。蒸した直後の湿った皮は、そのまま放置するとすぐ腐る。しかし、水気が無くなるまで乾かせば長い間持つ。黒皮を原料として流通・保存しやすくするために干すのである。

 その次の工程を、尾崎家は外部に依頼している。といっても、尾崎家から急坂を下った先に住む、親戚の力を借りる形である。尾崎家の先代・茂の弟に当たる幸次郎。尾崎家の現在の代表・孝次郎と、一文字違うが同じ名前だ。

乾ききった黒皮を、清流にさらしてもどす。
乾ききった黒皮を、清流にさらしてもどす。
黒皮を「へぐる」尾崎幸次郎。
黒皮を「へぐる」尾崎幸次郎。
へぐったあとの白皮。
へぐったあとの白皮。

 坂の下の幸次郎が担当するのは、黒皮の外側にある黒い部分を取り除く作業。土地の言葉で「へぐる」と言い習わされる。和紙に利用する楮の靭皮(じんぴ)繊維は、茎を覆う樹皮の内側、茎の芯との間のごく薄い領域に集中している。楮を蒸して剥がした黒皮は、茎の芯から外側を剥いたものだ。そこから一番外側の皮を取り除いて、ようやく靭皮繊維が手に入る。

 幸次郎の作業の第一歩は、乾燥しきった黒皮を水でもどすこと。近所の山に分け入った清流に、黒皮の束を浸してしばらく置いておく。今年の楮は堅かったので、二日間流れにさらしたという。十分に柔らかくなった黒皮を自宅に持ち帰り、紐で編んだ束をほどいて、一枚一枚へぐる。

 腰掛けた幸次郎の前にあるのは、床のすぐ上で断ち切った柱のような木。草履をつくるように編んだ布をかぶせてある。その上に、黒皮を載せる。真上から押さえ込むように包丁を当て、左手で一気に引っこ抜く。これを3~5回繰り返すと、黒皮から黒さが減って、緑がかった組織が残る。時々、包丁を細かく操って、小さく変色した部分を削ったりもする。最後に皮の向きを逆にして、これまで手で持っていた部分をへぐって終わり。

 幸次郎は、作業を終えた皮を眺め、三つに分けて置いた皮の山のどれかに重ねる。「焼け」があるかどうかでまず分ける。「焼け」は、黒い部分を削いだ後も残る赤茶けた筋で、白い紙をつくる妨げになる。焼けがある皮は取りのけて別の紙に使い、焼けがないものは長さに応じて二つに分けていた。

 包丁に引っかかる表面を物ともせずに引き抜くには、相当な力が必要。そう語る幸次郎は、83歳とは思えぬ目まぐるしさで動き、山積みの黒皮をどんどんさばいていく。作業が進むと、黒皮からにじみ出た汁で、次第に布が濡れてくる。「布が乾いてるとやりにくい。汁が出てええ加減になる」。

日本刀 神が宿る武器(日経BPムック)

――美しき魔力、その謎を探る――
★写真満載。日本刀の魅力をすべて見せます★

最も強く、美しい武器、日本刀。その強さと美しさには合理的な理由があり、それを現実のものとするための匠の技がある。平安期にさかのぼる歴史、驚異的な機能の秘密を探り、当代随一の刀匠、河内國平氏によって開示された作刀の全貌を芸術家写真の第一人者である藤森武氏による貴重な画像とともに開示する。作刀プロセスに関しては、通常は「門外不出」として一般にはあまり見せない「土置き」や「焼入れ」の工程を含め、すべての工程を開示する。


日経テクノロジーオンラインの人気コラム「技のココロ」に加筆し、書籍化! ご購入は >>>こちら

書籍の詳細は>>>こちら、動画も配信中!

おすすめ