技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「和紙」 第1話 『生きた紙が滅びるとき』

文:今井 拓司=Tech-On!,仲森 智博=編集委員 撮影:藤森 武
2009/05/28 15:00
印刷用ページ

Flash版はこちらから:Flash Playerが必要です


 「和紙」が絶滅の危機に瀕している。

 全国手漉き和紙連合会によれば、現在日本で和紙を漉いている家はわずか295戸。20世紀の初め、1901年には6万8562戸だったので、100年あまりで230分の1に減った計算になる。そして今なお、減少のペースは加速を続けているようだ。2001年には392戸あったから、この8年で100軒近く、割合にして全体の1/4が消えてしまった。

 総生産額もずいぶん小さくなってしまった。連合会の会長を務める成子哲郎によれば「具体的な数値は公表していないが、洋紙も含めた国内生産額のうち、0.1%とか0.3%とか、それくらいの規模」らしい。経済産業省の集計によれば、紙の国内販売総額は2007年に2兆1533億円。ここから類推すれば、高々数十億円しかない。産業とは呼びづらく、小ぶりな企業一つ分くらいの規模だ。

 しかも、その数字すら、純然たる「和紙」だけのものとは言いにくい。そもそも「和紙」の定義があいまいであることに起因する。鳥取県で和紙を製造する大因州製紙協業組合の塩宏介はこう説明する。「和紙という言葉は比較的最近できたものなんです。明治時代に海外から新種の紙が入ってきて、それを洋紙と呼んだ。それに対して、昔から日本にあった紙を和紙と呼ぶようになったんです」。洋紙の特徴は、木材から抽出したパルプを原料に、機械を使って大量につくる点にある。これに対する、古来製法の紙を和紙と呼ぶならば、明治以前と同じ材料を使い、手で漉いた紙こそが本物の和紙、ということになるのだろう。

 ところが、あまたある和紙の中でも、古来の材料、製法をそのまま踏襲してつくられる紙は皆無に近いという。手漉き和紙連合会が把握している生産規模は、自らの団体名にも関わらず、「手漉き」でつくっていないものを含む。機械で紙を漉いている場合も、その速度が一定値以下の場合は手漉きとみなしているらしい。紙を漉く場面に限らず、各工程で機械を導入する、さらには従来材料に木材パルプを混ぜるということが当たり前になっているのだ。

日本刀 神が宿る武器(日経BPムック)

――美しき魔力、その謎を探る――
★写真満載。日本刀の魅力をすべて見せます★

最も強く、美しい武器、日本刀。その強さと美しさには合理的な理由があり、それを現実のものとするための匠の技がある。平安期にさかのぼる歴史、驚異的な機能の秘密を探り、当代随一の刀匠、河内國平氏によって開示された作刀の全貌を芸術家写真の第一人者である藤森武氏による貴重な画像とともに開示する。作刀プロセスに関しては、通常は「門外不出」として一般にはあまり見せない「土置き」や「焼入れ」の工程を含め、すべての工程を開示する。


日経テクノロジーオンラインの人気コラム「技のココロ」に加筆し、書籍化! ご購入は >>>こちら

書籍の詳細は>>>こちら、動画も配信中!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング