技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

だんだん大変なことになってきたデジカメ・データの長期保存

安井 至=製品評価技術基盤機構 (NITE)理事長
2009/05/13 15:00
印刷用ページ

 最近困っていることがひとつある。パソコンに保存したデジカメのファイルがとうとう60Gバイトを超えてしまったので,これをどうやって長期間保存するか,という問題である。

 パソコンの状況は人それぞれだと思うが,ここ数年,我が家のデスクトップ・パソコンはほぼ家内専用で,筆者はビデオ・ファイルを扱うときぐらいにしか使わない。自分用には,ノートパソコン1台をほぼ常時持ち歩いていて,職場や自宅では,19~20インチのモニターとかなり良質なUSBキーボードをつないで使ってきた。生産性に大きく影響するのがやはりキーボードである。「FILCO」(ダイヤテック)や「Realforce」(東プレ)を愛用しているが,速く打てるので気持ちが良い。

 このような使い方をする理由は簡単で,必要なファイルがいつでも必ず手元にあることが,大きなドジをしない最大のコツだと思うからである。

 日常使うファイルをUSBメモリーに入れて,それだけ持ち運ぶようにしておけばよいではないか,といった思いも無い訳ではない。しかし,USBメモリーを紛失して,問題になるケースが結構報道されるので,それは避けている。小さなものは,基本的に紛失する危険性が高い。携帯電話サイズでもまだ危ない。

 また別の要素もある。職場のコンピュータ環境はセキュリティーが大変にうるさいため,好きなソフトを仕込む訳にはいかない。だからといって個人用のパソコンを職場のLANに繋ぐこともできない。そこで,自分のノートパソコンは,イー・モバイルで常時インターネットに繋ぐようにしている。これならお目こぼしをしてもらえる。

 こんな用途に使うパソコンの選択だが,CPUの性能が多少高くても低くても,文章を書くぐらいなら,どれでも同じようなものである。

 問題になるのは,ノートパソコン本体のHDDの容量で,その時点でもっとも大容量のHDDを持つ機種がいつも選択肢になってきた。このところの常用機は「Let’s note」(パナソニック)で,2002年に「R1」というモデル(HDDが20Gバイト)を使い始めてから「T2」,「T4」,「T5A」(HDD160Gバイト)と乗りついで,ごく最近,「R8」のプレミアムエディションになった。320GバイトのHDDを搭載していることになっているが,実際に使えるのは良く知られた表記の違いとインストール用のパーティションがあるため,290Gバイトである。毎日,930gのパソコンを持ち歩いているのだが,これでも重いことに間違いはない。パソコン側も揺すられぶつけられ,自己防衛が大変だと思うが,Let’s noteは割合と頑丈にできている。

 さて,本題に戻る。デジカメのファイルが何故問題になったか。

 極めてハードに使うものだから,ノートパソコンの寿命は非常に短い。長くても2年である。しかし,それ以前に,ソフト的な限界が来ることが多い。前に使っていたT5Aは,1年8カ月を経過していて,ときどき異常終了をするようになった。これを修理に出すと手元に戻るまでに1週間程度は掛かるだろう。

 だからといってOSの再インストールを自分でやるのもリスクが高すぎる。すでにVistaのアップデート・ファイルと思われるファイルが,winsxsなるディレクトリーに大量に溜まっている。それだけで7.6Gバイトもあるが,これを全部ネットから落として再インストールすることになるのだろうか。考えただけでゾッとする。

 加えて,HDDの残り容量が減ってくると,なんとなくシステムが不安定になるもので,できるだけ1/4程度は空きにしておきたい。となると,35Gバイトぐらいは開けておきたい。となると,T5Aの場合,HDDの容量は143Gバイトだったので,日常的に使えるのは,143Gバイト - 35Gバイト=108Gバイトであるが,2カ月ぐらい前から,この限界を超えていた。

 そこで,思い切ってデジカメのデータを外部に移すことにした。その容量を調べたら,全部で60Gバイト以上にもなっていたのである。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング