技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

ムダと一緒に捨てたもの

仲森 智博=編集委員
2009/04/10 12:00
印刷用ページ

 怖い話を聞いた。某大メーカーの幹部が雑誌をパラパラとめくっていたら、大口取引先であるメーカーの広告が載っていた。さっそくその幹部はそのメーカーを訪ね、「いやあ結構なことですな、このご時勢に広告をお出しになる余裕があって」と皮肉ったらしい。そう言われた中堅メーカーでは即日、広告出稿を停止したという。

 業績不振で広告宣伝費を大幅に削減している大手メーカーの心証を悪くしたくないという配慮であろう。「余裕があるとみられたら、必ずや厳しく値下げを求められる」という現実的な理由もある。とにもかくにも、大切な顧客に「余裕がある」と見られてはならないのである。

 かく言う私だって、上の人から「みんな忙しそうなのに、君は余裕だねぇ」などと言われたら、その瞬間からものすごく忙しそうなフリをして「いやぁ、ヘラヘラしているように見えるかもしれませんが実はすごく大変なんでして」とか、思いつく限りの悲壮ネタを披露することになるだろう。

 相手チームの選手に足を引っ掛けられたサッカー選手が派手に痛がってファールをもらいにいくのと同じである。ずいぶん痛そうにしているけど、スローで見たら「あれ?」とか思ったりする。もちろんそうするのは、その方が得だから。格闘技の選手などでは逆に、パンチを食っても「あ、何か当たりましたか?」くらいの顔をしている。余裕たっぷりなフリをしていなければ減点されるからである。けど、スローでみると「わぁモロ入ってるよ」なんてことがしばしばある。

余裕やムダは排除という常識

 ビジネスの現場でも事情は変わらない。納入先には「これ以上値引きはできません。もう瀕死の状況でやってるんですぅ」などという顔をしなければならない。けれど、融資してくれる銀行などには瀕死の状況であっても「あ、うちは大丈夫、不況のダメージがないとは言いませんが、まあ軽症、そんなことではクジけませんよ、ガハハ」とか余裕をかましておかないとマズいことになるかもしれない。

 けど、私たちの日常でいえば、まあどちらかというと「余裕があるねぇ」と言われたら「いえいえとても」と言っておいた方が無難というケースが多いようだ。余裕がありそうだと見なされると「だったら、これでもやってもらおうか」とか「じゃあ今日はおごりだな」とか、余計なものを引き受けざるを得なくなる公算が高くなるからだ。

メガトレンド2015-2024 ICT・エレクトロニクス編

クラウド、人工知能、ビッグデータ、IoT…。ICT・エレクトロニクスの新しい潮流とは?

「メガトレンド2015-2024 ICT・エレクトロニクス編」は、成熟期に近づいたエレクトロニクス分野が、バイオ、脳科学、ICT、情報サービスといった萌芽・成長分野と融合する新しい潮流を洞察します。ムーアの法則終焉と市場ニーズの多角化を分析し、大変化が起こるクラウド、IoT、人工知能、3Dプリンター、ロボット、ロジスティクス、ビッグデータなどの未来像を予測分析。10年後のICT・エレクトロニクス産業の姿を提示します。

詳細・ご購入は >>> こちら
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング