• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポート御堀直嗣のテクニカル・インプレッション > 【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】ホンダ・アコード:やや物足りない発進加速、上質なセダンだが価格や位置づけに疑問も

御堀直嗣のテクニカル・インプレッション

【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】ホンダ・アコード:やや物足りない発進加速、上質なセダンだが価格や位置づけに疑問も

  • 2009/04/06 18:13
  • 1/1ページ
 ホンダの中型セダン/ワゴン「アコード」が、6年の歳月を経て全面改良され、8代目となった。ベースになったのは、1年前に全面改良された「インスパイア」である。このプラットフォームを生かしながら、ホイールベースを短縮した。新型アコードは、一見したところインスパイアと車格に差があるとは感じにくいほど立派になった。

おすすめ