• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント久保田達也の「どうすりゃいいんだ」 > 寅さん式企画術

  • 久保田達也=サイバー大学IT学部教授,イッツ代表,冒険家
  • 2009/03/03 16:30
  • 1/3ページ

 どうもいけませんな、不景気で。

 いろいろアイデアを思いつくもんだから、とりあえず試作機を作ってもらおうと町工場に「いっしょに開発してみないか」とメールしまくっているのだが「それどろこじゃねぇんだよ、ボケェ」みたいな返事がここのところ続いている。いや、実際にはもうちょっと礼儀をわきまえた文面なのだが、行間を読めば、要するに「ボケェ」なのである。とにもかくにも、去年の暮れあたりからか、みなものすごくノリが悪い。

 100年に1度の不景気だかなんだか知らないが、これでは何も前に進まない。で、とりあえず友人に「なにシケ込んでるんだよぉ、根性ねーなぁ」とメールしたら「おまえ、ぜんぜん分かってないねぇ、ちょっと工場に来い」とドスの利いた声で電話があり、荒川区にある金型工場に行くことになった。

 行ってみて、見て、これはまずいと思った。下町の工場からものを作る機械の音が消えてしまっているのだ。とてもじゃないが前回までのように、「電動スケボーで海行こう!」というコンセプトを読者参加で練りに練って、あわよくば製品化までやってみよう、などと能天気に言っている雰囲気ではないのだ。

 人気のない工場で知人の経営者Hと二人でコンビニ弁当を食べた。「なにを作るかじゃなくてなにを捨てるかなんだよね、自力で新しいものを創る余力が今はねぇ」としょんぼりHが言う。そういわれると火が付くのが企画マンの人情である。「そうとも言えんだろ、昔グニャグニャになった試験管(工場の失敗作)を東急ハンズで『一輪挿し花瓶』なんて言って売ったことがあっただろ。あれ、すごい売れたじゃないか。新しい視点で見直せば何か売りにつなげるチャンスがあるのよ。終わりは始まりの予兆という文句だってあるじゃないか。たしかに浮いた時代は終わった。けどそれは、第2次産業革命の始まりなんだぜ」などと唾を飛ばして吠えてはみた。けれどもHは、「おめぇは昔からおめでてぇよなぁ」と力なく言って薄笑いを浮かべるばかりである。

 そうかぁ・・・。友のただならぬ様子を目の当たりにして、さすがに真剣にならざるを得なくなった。で、どうすればいいのだろうか。寅さんのように荒川の土手を歩きながら、考えにふけってみた。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓