• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント材料で勝つ > イノベーションを阻むもの

材料で勝つ

イノベーションを阻むもの

  • 藤堂 安人=主任編集委員
  • 2009/02/27 14:10
  • 1/6ページ

 イノベーションの重要性が叫ばれて久しいが,日本でイノベーションの成果としての新しいコンセプトの製品やビジネスモデルが生み出されているか,となるとどうも心もとない。日本社会の中に何かイノベーションを阻むものがあるのではないか,その「何か」とは日本の過去の成功体験であるキャッチアップモデルではないだろうか---といった趣旨の話を最近聞いた。

 松下電器産業(現パナソニック)の副社長だった水野博之氏が,この2月19日に,都内で開かれた「大企業とベンチャーのWIN-WINフォーラム」(主催:経済産業省)というセミナーで行った基調講演の内容である。

「伝道師」の「変化」?

 水野氏は,「マネシタ電器」と揶揄された松下電器にいた経験から,キャッチアップ戦略の重要性を説いてきた(例えばNEブログ仲森コラム)。松下幸之助氏から直接の薫陶を受けた最後の世代で,キャッチアップモデルの伝道師ともいうべき水野氏が今,むしろ逆に,その弊害に目を向けているようだ。筆者はまず,その「変化」に興味を持った。

 水野氏の話を聴くのは久々であったが,テンポよく,ユーモアに富んだ関西風の語り口は健在である。喜寿を超えてなお,大阪電気通信大学副理事長,広島県産業科学技術研究所所長,コナミ取締役,メガチップス取締役など,数々の肩書きをもって活動されている。松下電器時代の技術トップとしての数々の経験と,今でもなお第一線に触れているところからにじみ出る迫力が聴く者の心をとらえる。

 講演は,理学部物理学科の学生だった水野氏が,入社試験までは「松下電器産業」という名前すら知らず,一番の売れ筋商品が電気コタツと聞いて嫌々ながらも生活のために入社したというエピソードから始まった。続いて,この半世紀に中小企業に過ぎなかった同社がなぜこれほどまでの大企業になったのかを明らかにしていく。

松下幸之助氏の「変化」

 これはすでに様々なところでも書かれているが(例えば,先ほどの仲森コラム),松下幸之助氏が若いころもっていた発明家としての趣味趣向を捨てて,キャッチアップ戦略を採用したことが転機だった。松下幸之助氏の「天才」ぶりは,戦前と戦後で質的に変る。戦前は二股ソケットなどを生み出した発明家としての「天才」ぶりだったが,戦後は「選択の名人」としてのそれに変貌を遂げた。水野氏はこう語る。

おすすめ