技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「グリーン・ニュー・ディール」の正しい読み方(1)

末吉竹二郎=国連環境計画・金融イ二シアテイブ 特別顧問
2009/02/02 12:10
印刷用ページ

 「Green New Deal」。何と響きのよい言葉だろう。

 今、この言葉が世界を回り始めた。いや、世界がこの言葉を軸に回り始めたといってもよい。なぜ、こんなにももてはやされるのか。なぜ、このタイミングなのか。グリーン・ニュー・ディ―ルとは一体何なのか。金融危機とそれに続く大不況に喘ぐ世界の期待を一身に受け登場したグリーン・ニュー・ディ―ルについてシリーズで考えてみたい。

オバマ大統領はスイッチを押しただけ

 この言葉を一躍有名にしたのはオバマ大統領である。彼のグリーン・ニュー・ディ―ルの骨格は、ざっとこんなものだ。

(1)向こう10年間に約15兆円の公的資金を自然エネルギーの開発につぎ込む。

(2)その結果として、雇用(グリーンジョブ)を500万人増やす。

(3)米国にもキャップ&トレード(温室効果ガスの規制に関し、政府が個々の企業などにその排出枠を配分し、個々の企業などがその排出枠の一部を売買することを認める制度)を導入する。

(4) 米国のCO2排出を2050年までに80%削減する。

 急速に歴史のかなたに消えつつあるブッシュ時代のことだが、こんな話を聞いたことがある。ホワイトハウスの中では「Kyoto(京都)」という言葉はご法度であったと。なぜならば、京都といえば、京都議定書を意味するからである。クリントン時代に当時のゴア副大統領がCOP3の会議(1997年12月)が開かれていた京都にワシントンから乗り込み、決裂寸前の京都議定書を土壇場で成立させたのが京都議定書である。

 その議定書を、後任の、就任後間もないブッシュ大統領がひっくり返してしまった。それには世界の人たちもひっくり返って驚いた。2001年のことである。オバマの大転換の前には、こんな逆の大転換があったのである。そしてそれから8年間、米国は世界の気候変動を巡る国際交渉の表舞台から姿を消してしまった。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング