技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Googleのスーパーカー開発プロジェクト?

久保田達也=サイバー大学IT学部教授,イッツ代表,冒険家
2008/12/17 14:50
印刷用ページ

 「電動スケボーってどうよ」というアイデアは、いろいろ調べつつ頭をひねっている間にソーラースケボーへと発展、さらには移動するバッテリー(台車を兼ねる)へと考え方が変化してきた(前回「電動スケボー開発日記」参照)。で、それを受けその先を模索してみることにした。

 その前提としたのは、「形式にこだわることなく新しい市場を創造する」ということである。メーカーに所属するスタッフという立場であれば、「形ある物を商品開発しなければならない」というミッションに縛られることになるだろう。けど、私は無所属のプランナーである。それにこだわる必要はない。

 そう思うに至ったいきさつを以下の日記に書いてみた。

11月4日

 偶然にもヤマハ発動機のショールームで電動スケボーの試作機を展示していたのを発見。担当者によれば「数年前に参考出品として公開されたモデルだが、道路交通法で乗り物としては認可されないためお蔵入り」とのことだった。4輪ではなく幅広い2輪からなるスケボーで、ボードの周りにイルミネーションが光り輝きながらぐるぐる回っている。「イルミネーションは速度表示やバッテリー残量などの視覚表示に使ったりすることを考えてみた」とのことだった。ヤマハ発動機はすでに電動スクーターを発売済みで、今後はバッテリー充電も含めた新機種を発表することになるだろう。考えていた電動スケボーとはいかないまでも、電車などでも持ち運べる電動スクーターを販売して欲しいものだ。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング