ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

ディスプレイ技術がショッピング体験を激変させる

坂東 穣=デジタルサイネージ総研所長
2008/11/04 20:34
印刷用ページ

 前回のコラムは,街中でさまざまなサービスを提供する情報キオスクと,公共スペースでのインターネット接続を提供するパブリック・コンピューティングの話でした。今回は,店舗の中に増えつつあるディスプレイ機器について書きたいと思います。リテール(小売り)市場は今後もっとも大きな変化が予想される分野です。インターネット・ショッピングによって買い物の常識がすっかり変わってしまったのと同様の変化が,デジタル・サイネージなどの普及によって“リアル店舗”にも起きようとしています。


図1 欧州で導入が進むセルフサービス・レジ (画像のクリックで拡大)

図2 簡単に使えるセルフサービス・レジ (画像のクリックで拡大)

セルフサービス・レジ(セルフ・チェックアウト)

 どの国の店舗でもレジ待ちの列の解消が課題となっていますが,ヨーロッパのスーパーマーケットやドラッグ・ストア・チェーンでは「セルフサービス・レジ」の導入が進んでいます(図1)。

 こうしたセルフサービス・レジには必ずデジタル・ディスプレイが装備されていて,買い物客がやって来ると操作方法を説明するビデオ映像が流れます。それを見ながら商品のバーコードをスキャンし,最後にクレジット・カードや現金で支払いをすれば良いのですが,次に行う操作の説明がタイミングよく表示されるようになっています。

 私も試しに使ってみましたが,音声とCG映像による説明はとても分かりやすく,初めてでもスムーズに支払いを済ませることができました。日本でも試験的に導入する店舗が増えているので,今後は一般化していくと思います(図2)。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング