技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

京都の秋はMicrosoftの香り

仲森 智博=編集委員
2008/10/31 12:00
印刷用ページ

 「思うんだけど、かつてのMicrosoftのやり方って、実は京都のパクリじゃないですかねぇ」。『未来予想レポート』シリーズの著者である田中栄氏に、そんな話をしてみた。彼はマイクロソフトのOBでもある。「いやぁ、珍説ですよそれは、聞いたこともない。で、何で?」。そう聞かれたので、ああだこうだと説明すると「いやぁ、面白い。京都って、やっぱいいよねぇ」と、話題はサライ系にどんどん脱線していくのだった。二人とも、おじさんなのである。

ぶぶ漬けを食べてしまったら

 おじさんに限らず、大多数の日本人は京都が大好きだ。秋めいてきたなぁと思えば、待ってましたとばかりにテレビからは「そうだ京都、行こう」というお馴染みのCMが流れてくる。春は桜と都をどりで京都、夏は川床と祇園祭と五山の送り火で京都、秋は紅葉でもちろん京都、冬もついでに京都。年中京都ではあるが、秋はとりわけ京都である。新幹線は婦人画報系奥様グループと修学旅行の団体さまで大混雑、関西出張のお父さんは、耳栓をして身を縮めていなければならない。

 と、大人気の京都だが、そこの文化風習は独特で「遊びに行くのはいいけど暮らすのは・・・」という苦情をよく聞く。「たとえば」と、必ず出てくるのはぶぶ漬け(お茶漬け)の逸話だ。誰かの家を訪問した際、「そろそろお昼どきやし、ぶぶ漬けでも」と勧められたら、それは「かなわんなぁ、そろそろ帰ってもらえんやろか」という意味である、というもの。うっかり「そりゃどうも」とか言ってしまうと、「ほんま厚かましい人やわ」とか、後でさんざん悪口を言われるという伝説がある。

 いや、伝説ではない。当サイトで連載中の「技のココロ」で一緒に仕事をさせていただいている写真家の藤森武さんは、これを自身で体験されたことがあるらしい。京都の某名家を撮影で訪れた際、本当にその通りのことを言われ、本当にたらふく食してしまい、本当に後で陰口をたたかれ、えらい目にあったのだとか。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング